不動産売却の基礎知識2020.06.10

転勤で持ち家はどうする? 売却か賃貸かなどの選択肢と考慮する点

こんにちは!北章宅建 石狩店の藤田です。

「持ち家のローンをまだ返済中なのに、転勤が決まってしまった!」
そんな時、持ち家はどうするべきでしょうか。

売る? 貸す? とりあえず空き家にしておく?
どの方法が最適か、迷ってしまいますよね。

今回は、転勤になった場合の持ち家の対応についてのお話です。
持ち家があるのに転勤になった場合どうするのが良いか、選択肢とそれぞれのメリットやデメリットも解説します。
家の模型と虫眼鏡のイメージ

転勤が決まったら持ち家はどうする? どんな方法がある?

持ち家があるのに転勤が決まった場合、まず考えなくてはいけないのは「単身赴任で行くか」「家族帯同で行くか」ということ。

どちらを選ぶかによって、その後の持ち家をどうするかの選択肢が異なります。

 

単身赴任で転勤するなら、持ち家には家族が住み続ける

少し寂しいですが、単身赴任で対応するなら、残った家族は持ち家に住み続けることができます。
短期で戻ってくる予定の場合や、配偶者の仕事・子供の学校など家族への影響を考えて単身赴任を選択する方もいるでしょう。

家族を残して単身で転勤する場合、確認したい点は2つ。

  • 自宅と単身赴任先の二重生活を経済的に維持できるのか
  • 単身赴任に関わる会社からの補助はあるのか

自宅と単身赴任先での二重生活になるため、支出は増えてしまいます。
単身赴任先の家賃や生活費を払いつつ、持ち家の住宅ローンの返済も可能なのか検討が必要です。

そして、それを知るためにも会社からの補助制度の確認が必要!

単身赴任先の家賃や自宅への帰省費用について補助が出ることも多いため、ぜひ確認しましょう。
「家賃の半額を補助する」「上限〇〇円まで補助する」「単身赴任の場合は全額補助」「会社の借り上げ住宅を斡旋する」「年に〇回分の帰省交通費を支給する」など、補助の内容や金額は会社によって異なります。

 

家族帯同で転勤するなら、売る・貸す・空き家にする

家族帯同で転勤する場合に考える必要があるのは、持ち家をどうするかということ。

たとえば、以下のようなケースや検討すべき点が挙げられます。

  • 転勤先から戻ってくるかわからないなら売却する
    →いくらくらいで売却できそうか
  • 賃貸需要が高いエリア・物件なら賃貸に出す
    →借り手はスムーズに見つかりそうか
  • 1~3年の短期で戻ってくる予定なら、そのまま空き家にしておく
    →転勤先で生活しつつ持ち家の住宅ローンの支払いは可能か

転勤後の生活や経済状況、ライフプランも見据え、家族で相談してみましょう。

 

転勤で持ち家を売る・貸す・空き家にする場合のメリットデメリット

家を運ぶトラック
上記でご紹介した持ち家を売る・貸す・空き家にするという選択肢について、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

 

持ち家を売る場合

メリット

  • 持ち家を管理維持する費用や手間が不要
  • 住宅ローンがなくなる
  • 住宅ローンを上回る金額で売却できれば、新生活の資金になる

デメリット

  • 売却には手間や費用がかかる
  • 住宅ローン残高を下回る売却金額の場合、自己資金の持ち出しが必要
  • 元の地域に戻ってきた場合、改めて物件探しが必要になる

誰も住んでいない家は劣化が早いため、定期的に管理しなくてはいけません。

売却してしまえば、維持管理の手間や費用は不要!
住宅ローンもなくなるうえ、高く売却できればまとまったお金が手元に残るでしょう。
買い替えという形で転勤先で新居の購入も検討できます。

ただし、売却時には住宅ローンの一括返済が必要。
もしも売却金額が住宅ローン残高よりも安い場合、差額分を自己資金で支払わなくてはいけません。
どのくらいで売却できそうか、まずは査定を依頼してみて検討をしましょう。

 

持ち家を賃貸に出す場合

メリット

  • 家賃収入が得られる
  • 持ち家の管理維持の手間が省ける
  • 不動産を所有し続けられる

デメリット

  • 転勤先の家賃と住宅ローンの二重負担がある
  • 空室、家賃滞納、入居者トラブルのリスクがある
  • リフォーム費用などのコストがかかる
  • 元の地域に戻ってきても入居者がいれば、すぐに自分たちが住めるとは限らない

賃貸需要が高いエリアなら、賃貸に出すのも良いアイデアです。
家賃収入を住宅ローン返済に回せますし、空き家にして家が劣化するのも防げます。

ただし空室や賃貸滞納、入居者トラブルなどのリスクもあります。
手数料がかかったとしても、信頼のおける業者を仲介として契約を進めた方が良いでしょう。

賃貸契約には賃借人の希望で原則更新される「普通借家賃貸契約」と、原則更新なしの「定期借家契約」の2種類があります。
転勤が終わり戻って来た後、再度持ち家に住もうと考えているなら「定期借家契約」で貸し出すことをおすすめします。

また、住宅ローンが残っている持ち家を賃貸に出す場合は、必ずローン契約をしている金融機関に相談してから進めてください。
住宅ローンは「自分たちが住む」という前提で契約をしています。
金融機関に断りなく賃貸に出した場合、契約違反として金利の上昇や一括返済を求められるケースもあるので注意しましょう。

 

持ち家を空き家にしておく場合

メリット

  • 戻ってきたらすぐに住むことができる
  • 家具や荷物などを置いておくことができる
  • 不動産を所有し続けられる
  • 売買契約、賃貸契約などの面倒な手続きは不要

デメリット

  • 転勤先の家賃と住宅ローンの二重負担がある
  • 人が住んでいないと住宅の劣化が早い
  • 住宅の管理維持の手間がかかる
  • 住んでいない家は住宅ローン控除の対象外である

1~3年程度の短期で戻って来ることがわかっているなら「とりあえず空き家にしておこう」と考える方も多いです。
思い入れのあるマイホームを売却・賃貸するのに抵抗があるという方もいるでしょう。

誰も住んでいない空き家は劣化が早いため、定期的に手入れをして管理維持が必要です。
手間をかけて費用を管理しつつ、住宅ローンの支払いも続けなくてはいけません。

また、税金の軽減措置である「住宅ローン控除」を受けている方も注意が必要。
12月31日時点で住んでいない家に対しては住宅ローン控除が適用されず、税金負担が増してしまう可能性があります。
かかる費用や手間を考えながら、空き家の活用方法を検討してはいかがでしょうか。

 

まとめ

  • 持ち家があるのに転勤が決まったら、まずは単身赴任か家族帯同かを家族で話し合いましょう。単身赴任なら、持ち家には家族がそのまま住み続けることになりますね。単身赴任の場合に持ち家をどうするかは売る・貸す・空き家にするという3つの選択肢があります。
  • 転勤で持ち家を売る・貸す・空き家にする3つの選択肢にはそれぞれメリットとデメリットがあります。売却すると住宅ローンがなくなり経済的にも身軽に、賃貸すれば家賃収入が見込め、空き家にしていればいつでも戻って来ることができるでしょう。
  • 転勤しても持ち家を所有し続ける場合は、転勤先の家賃と住宅ローンの二重負担となります。転勤後の生活や経済状況、ライフプランも見据えて、持ち家をどうするか検討しましょう。

北章宅建は、不動産に関するご相談を全て無料で対応しています。
空き家に関する相談や無料査定、相続問題など、どんなことでもお気軽にご相談ください!

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
  • 離婚で家を売るべき? 財産分与やローン残債、売却...
不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード