2021.04.03

【朝里ダム】ネーミングライツ取得から半年。

暖かい日が多く、だいぶ早いペースで雪解けが進んでいる北海道。

市街地ではおおかた路肩の雪も見かけなくなり、フキノトウもちらほらしています。

 

余市出張のついでにそろそろ良い頃かと思い、設置した看板が雪害などで傷んでいないか確認をするため、朝里ダムへ寄りました。

…が、やはり市街地から標高約200mほど高い場所。

目算を大きく外し季節がまだ冬のままでした。

朝里ダム記念館側の看板はまだ1m以上雪没していて、近寄る事もできません。

 

もう一つの看板は近くで確認できるだろうと踏み、一緒に管理人さんへご挨拶しようと朝里ダム管理棟の方へ。

駐車場は除雪されていて入る事ができました。

車を停め、看板の方へ近づいてみると、何やら設置した時と様相が違いました。

よく見てみると、看板の脚の間にさらに小さな看板が。

 

弊社ダムネーミングライツ取得を紹介する内容を、独自に掲示物にして下さっていました。

しかも朝里だけでなく、美唄ダムについても一緒に。

驚きとともに、非常に感激でした。

また、この看板だけでなく、敷地内のあちこちでもPRして下さっていました。

【ダムの堤頂部】

【管理棟の壁面】

管理棟の呼び鈴を押し、管理人さんにご挨拶。お礼を申し上げました。

「せっかくスポンサーになって下さったのだから、我々ももっとPRしてダムを盛り上げていきたい」と熱くお話して下さいました。

こちらの管理人さん、実は熱烈なダムマニア。

全国のダムマニアの方と通じ、訪れるダム好きの方にダムの魅力を発信。

ご自身も季節問わずお休みの日は津々浦々に足を運び、写真を撮ったり、カードを収集なさったり、コミュニティを築いたりという活動家。

そうしてコレクションされたダムカードなどは、管理棟の1階~3階にまで及び、非常に見ごたえのある資料館となっています。

改めてこの度のネーミングライツを盛り上げ発信して下さっていることへの感謝の想いがひとしおに。

また管理人さんがダムをとても愛していらっしゃり、造詣を深め、追求し、それをライフワークにされているお姿に非常に感銘を受けました。

ダムのお話をされているお顔がキラキラしていてとてもまぶしい、そんな魅力たっぷりの管理人さんです。

 

館内を一通り拝見させて頂き、おいとましようとすると「どうぞ、差し上げます」と。

朝里ダムオリジナルカードと朝里の郵便スタンプ、メッセージが書かれている、手作りポストカードでした。

額縁に入れて、きっとどなたかへのプレゼントとして用意していたのをお分け下さったのだと思います。

 

朝里ダムの風はまだ完全に冬でしたが、私はなんとなくホワホワ温かい心持のお陰で寒くありませんでした。

 

これから朝里ダムにも遅い春が訪れます。

ダム湖の周辺には春は桜がたくさん咲くそうです。

ダムに興味をお持ちの方、ぜひ桜を求めて、また魅力いっぱいの管理人さんに会いに朝里ダムへ足を運んでみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

このブログへのお問い合わせは

【朝里ダム】ネーミングライツ取得から半年。

北章宅建本社 宮永 理恵お客様を笑顔でお迎えし、大事なご相談・ご商談の際にも居心地が良い、お話しやすいと感じて頂けるようにサポートして参ります。 どうぞ宜しくお願い致します。

不動産売却の手引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード