2019.09.02お役立ち情報

建築吉日カレンダー

地鎮祭や上棟を行なうにあたり、どの日に行なえば良いと思いますか?

 

おそらくほとんどの皆さんは、「大安」は吉の日で、「仏滅」は凶の日という認識があると思います。

気にされる方もいれば、気にしない方もいるかもしれません。

しかし、日が良くて「吉」とされる日に行ないたいと思う方も多いことでしょう。

この「吉」の日に建築吉日と言うのがあるのをご存知でしょうか?

そして、大安でも「凶」、仏滅でも「吉」があるのが建築吉日です。

カレンダーに良くのっているのは「六曜」です。良く知られているように、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順にあります。

 

大安が吉日で、次に先勝(午前が吉)、友引(昼以外は吉)、先負(午後が吉)が一般的にいわれます。

この六曜の他に、カレンダーにはあまり書かれていない「十二直(じゅうにちょく)」で主に見るのが「建築吉日」です。

暦に書かれているもので大安や、友引のようにその日の吉凶を表す事柄で、大安や友引は六曜と言って、文字どおり6個の星でその日を占います。

ですが、十二直は12個の星で、その日のお日柄の良し悪しを示しているということなんです。

つまり六曜よりも、きめ細かいということです。

ちなみに十二直は北斗七星がどの方角を向いているかで、吉凶を占うとされています。

「十二直(じゅうにちょく)」は一般的には次のような意味があり、「たつ」「みつ」「たいら」「さだん」「なる」「ひらく」は「建築吉日」と言われています。

それから、大安でも「凶」なのが、

「三隣亡」です。この日から始めると、向こう三軒両隣まで災いが及ぶとされる恐ろしい日です。
大安吉日でも「三隣亡」の日がありますので、この日は避けましょうね。

 

【十二直の種類】

 

【建 たつ】 万物を建て生じる日、よろず大吉の日。但し動土・蔵開きは凶。
【除 のぞく】障害を取り除く日、井戸掘り・治療開始・祭祀などは吉。
       結婚・動土は凶 。
【満 みつ】  全てが満たされる日、新規事・移転・結婚などは吉。
       動土・服薬は凶。
【平 たいら】 物事が平らかになる日、旅行・結婚・道路修理などは吉。
       穴堀り・種まきは凶。
【定 さだん】 善悪が定まる日、開店・結婚・移転・種まきは吉。
       旅行・訴訟は凶。
【執 とる】  執り行う日、祭祀・祝い事・造作・種まきは吉。金銭の出入りは凶。
【破 やぶる】 物事を突破する日、訴訟・出陣・漁猟・服薬は吉。
       祝い事・契約は凶。
【危 あやぶ】 物事を危惧する日、万事控えめに。
【成 なる】  物事が成就する日、新規事・建築・開店は吉。訴訟・談判は凶。
【納 おさん】 物事を納め入れる日、収穫・商品購入は吉。結婚・見合いは凶。
【開 ひらく】 開き通じる日、建築・移転・結婚等は吉。葬式は凶。
【閉 とづ】  閉じ込める日、金銭出納・建墓は吉。棟上げ・結婚・開店は凶。

※ウィキペディア(Wikipedia)より

先人の知恵とは凄いですね!

 

このブログへのお問い合わせは

建築吉日カレンダー

小樽駅前店 冨田 征宏

不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード