Vol.202岩内店

不動産市況:岩内町、共和町、倶知安町、ニセコ町、泊村(検証月 2024年5月)

■検証月:2024年5月
■報告担当:梅津 大樹
■所属店舗:岩内店
■担当地域:岩内町、共和町、倶知安町、ニセコ町、泊村

売主様の動き、雰囲気、感触
・暖かくなり、具体的に売却を検討されるお客様が増えてきた印象です。
・より明確な価格を知りたいとのことで、現地査定のご依頼も増えております。
・親族から不動産を相続したものの使用しない、高齢になり別の所へ住み替える、といった理由からの売却検討が多いです。
・相続登記の義務化が始まり、相続登記に関するご質問もよくいただきます。

買主様の動き、雰囲気、感触
・倶知安町近郊に関しては、物件の需要が極端に多いため、物件を売り出すと即お申込みが入ります。
・岩内町、共和町については、年間を通して物件が少ないため、皆様、新着物件が出るのをお待ちです。
・岩内町、共和町については、貸家の供給も不足しているため、貸家についても、即お申込みが入る傾向があります。
・例年、5月以降は買主様の動きも活発になり、春~夏以降は不動産の動きがある時期です。

不動産物件の動き、流通市場の雰囲気について
・1000万円以下の手頃な住み替え用物件は不足傾向です(岩内・共和)。
・外国人向けの不動産会社も年々増加しており、不動産会社間の競争も激化しております(倶知安町周辺)。
・倶知安地域は、2~3000万円台の割高な中古物件も広告掲載が無くなり、1億円単位の高額物件しか広告掲載がない状況です。
・倶知安町近郊の相場高騰を受けて、弊社も同業他社も、京極、喜茂別等、周辺地域で物件のお取り扱いを始めております。

担当営業より所感、一言、今後の市場環境予測
7月以後、不動産売買の報酬規定の改定予定を控えており、価格の安い地方では、不動産会社各社、報酬改定に踏み切るため業者が増えるものと予想されます。
活用・利用予定のない不動産をお持ちのお客様におかれましては、経年劣化や老朽化が進み、いたずらに時間が過ぎるのを防ぐため、売却・維持管理にかかる各種経費が増加する前に、売却される事をお勧め致します。

※本情報は各関連データをまとめた上で3 か月程度の検証を行い、反映させています。
※より直近の生の市場情報は担当営業へ直接ご相談頂ければと思います。
※査定、ご相談はご事情問わず、全て無料で承っております。お気軽にお問合せ下さい。

著者
不動産市況:岩内町、共和町、倶知安町、ニセコ町、泊村(検証月 2024年5月)

岩内店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

この担当者のページ この担当者がいる店舗のページ
  • 不動産市況:岩見沢市東部(中央通より東側)、三...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定