2021.07.30お役立ち情報

岩見沢市の地域情報~地域おこし推進事業について~

近年、全国地方の各自治体では独自のイベントやお祭り、名産品、ご当地キャラなどを利用した「地域おこし」のPR活動が盛んになってきています。TwitterやInstagram、Youtubeなど様々なSNSを利用することでより多くの人の目に触れることができ、話題性を作りやすくなりました。
北海道では、ここ20年間でおよそ30万人以上の人口が減少しており、多くの地方都市で過疎化が深刻な状況です。空知地方の中心都市である岩見沢市も例外ではなく、急速な人口減少や少子高齢化に伴い、かつての町の賑わいや地域経済が衰退しつつあります。
こうした状況を食い止めるため、岩見沢市でも「地域おこし」の取り組みが行われています。今回の記事では、岩見沢市の魅力や支援制度などの地域おこし事業をご紹介します。

岩見沢市の魅力

1882年に開拓された岩見沢市は交通の要衝として発展し、空知地方の行政・産業・経済・教育文化などの中心となる町です。生活・交通における利便性と自然環境、さらに子育て支援や健康寿命の施策も充実しています。そんな岩見沢市のセールスポイントを見ていきましょう。

便利な交通アクセス

新千歳空港から電車や車で約1時間、札幌からは約30分以内と、通勤通学や観光にも便利な位置にあります。

自然豊かな環境

広々とした公園、農地が多く、緑豊かな街並みです。ファミリーサイトとオートサイトを備えたキャンプ場やゴルフ場、スキー場など、1年を通してアウトドアを楽しめるレジャー施設が充実しています。

道内有数の殻倉地帯

石狩川流域の肥沃な地に恵まれ、水稲や小麦、たまねぎなどを中心に、野菜や花卉などの生産も盛んな道内有数の穀倉地帯です。寒暖差の大きい気候は果物の生産に適しており、果樹園や直売所が点在しています。田園地帯ではワインが作られ、特産品としても人気が高まっています。

安心の医療体制

岩見沢市立総合病院や北海道中央労災病院といった病院や診療所が、併せて50施設以上あります。高齢者や障がい者の暮らしを支援する事業にも取り組んでいます。

教育施設の充実

市内には小学校14校、中学校9校、高等学校4校のほか、市民会館や生涯学習センターなどの社会教育施設があります。北海道教育大学岩見沢校、看護学校もあるので、市内で学び続けることができます。

子育て支援

子どもの通院・入院に対する医療費助成や、第2子以降の保育料無料化、不妊治療費の助成制度があります。こども・子育てひろば「えみふる」には、あそびの広場や子育て支援センター、保育センターなどの相談・支援機関が併設されており、子育て中のママさんの集まれる場となっています。

大規模イベントの開催

世界一大きい臼で餅をつく岩見沢最大のお祭り「いわみざわ百餅祭り」をはじめ、「いわみざわ情熱フェスティバル」「IWAMIZAWAドカ雪まつり」など、通年で大規模イベントが行われています。「ジョインアライブ」は人気アーティストが出演し、北海道の夏フェスとして全国各地からも人が集まっています。

「地域おこし」への取り組み

人口減少や高齢化が進んでいる地域に対して、総務省による「地域おこし協力隊」の制度を利用して、魅力ある地域づくりを推進しています。特に過疎化の進んでいる東部丘陵地域(毛陽町、奈良町、清水町、朝日町、上志文町、宝水町、栗沢町万字、栗沢町美流渡、栗沢町宮村)では、地域おこし推進員の活動や「みる・とーぷプロジェクト」により、各種イベントの企画や情報発信が行われています。

移住を考えているなら「お試し暮らし」の利用がおすすめ

岩見沢市への移住を考えている人を対象に、1週間~2か月の範囲で暮らしの体験ができる事業を行っています。家具・家電や生活用品を備えた体験住宅に住むことで、実際に移住した際の生活をイメージすることができます。

このブログへのお問い合わせは

岩見沢市の地域情報~地域おこし推進事業について~

岩見沢店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

  • 岩見沢市を走る鉄道の歴史② ~JR室蘭線の各駅をご...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード