2021.05.14お役立ち情報

心も魅了される小樽運河をご紹介

北海道の中でも有数の観光名所が多くある小樽市。石狩湾の弓湾沿いにあり、港町として、古くから北海道の発展に貢献をしてきた町でした。
その昔、小樽湾は、石炭を海路で運搬をするための重要な港湾となっていました。そのため積み出しの荷量が多くなっていったとされています。
小樽運河は、作業効率のために作られた運河でした。
さて、現在の姿の小樽運河沿いにも、倉庫が連なっているのはご存知でしょうか?
小樽運河は、海面を埋めた立てて作られた人工的な運河となります。この運河が出来上がったことにより、はしけと呼ばれる台船が、運河沿いにある倉庫まで直接接岸することが可能となり、効率的に、沖合に停泊している大型船に運搬をすることができるようになったと言われています。
そんな歴史ある小樽運河。小樽市でも1、2位を争う観光スポットとなっています。
カップルでも、お友達同士でも、ご家族でも、シニアご夫婦でも楽しめる魅力的な小樽運河をご紹介しましょう。

小樽駅からのアクセス

JR函館本線「小樽駅」から大人の足で徒歩10分程度、お子様連れだと15分位余裕をみた方がよいですね。
小樽駅からは、緩やかな下り坂の「中央通り」が伸びており、直進をすると、突き当りが小樽運河のクルーズ船の発着地、「中央橋」となっています。
複数の観光を楽しみたい方は、レンタカーも視野に入れるとよいでしょう。小樽運河の周辺にも、いくつかのコインパーキングがあるので、駐車場はご安心ください。
一番近い駐車場は、小樽運河から徒歩3分、中央橋を越えた場所に、大型駐車場があり、1日600円とかなりお得。収容台数が多いことと、安いこと、また、立地も最適なことから、人気の駐車場となっています。駐車場料金は、季節性で変動があるので、最新情報をチェックしてください。

小樽運河クルーズでゆったりと

小樽運河の観光方法として名高いのが、「小樽運河クルーズ」。約40分の船の旅をお楽しみいただけます。
クルーズ船は、日中のクルーズとナイトクルーズもあるため、両方を楽しむもよし、どちらか一方でも十分小樽運河を堪能できます。
船から見上げるように、運河沿いの景色を眺めることができ、日中は建物と周辺のレンガ造りの歴史ある建造物をゆっくりと観光できます。
出航の際の汽笛はなんとも言えないワクワク感。出航後すぐに、中央橋下を通りますが、橋の下のライトが、時代をタイムスリップしたような気分を盛り上げてくれています。
一方、ナイトクルーズでは、日中とは一味違った顔を見ることができます。運河沿いの倉庫がガス灯によりライトアップされ、レトロモダンな雰囲気を楽しめます。
デイクルーズもナイトクルーズもガイドの方が景色の説明や、歴史の紹介をしてくれるので、そこも楽しみの一つですね。

小樽倉庫群でお食事も

さて、小樽運河の観光の中心となる小樽倉庫群。大正に造られた石造りの倉庫は、写真映えのスポットでもあります。
そんな小樽倉庫群、現在は店舗として、様々な施設が入っています。
小樽市は小樽ビールとしても有名。倉庫群の中には、小樽ビールの醸造所もあり、なんと見学も可能。
現在もコロナウィルス感染状況を考慮した上で、万全の体制で見学の再開をしています。
※今後の状況で変動の可能性もあるので、最新情報をチェックしてください。
さらに、別の倉庫ではお食事も可能。おしゃれなカフェから、洋食屋さん、また、ワインも楽しめるレストランもあり、充実しています。
特定の年齢層だけではなく、大人から子供までお食事が楽しめるのも、素敵なおもてなしの一つです。

時間に余裕があれば散策も

小樽運河沿いは、散策路が並行しており、端から端までは約30分程度とされています。所々に写真スポットがたくさんあり、ゆっくりと歩き、景色を見ながら、風景の写真を収めるのも醍醐味です。途中、クルーズ船が運河を通ったり、人力車も走っているので、様々な角度から小樽運河を楽しめるでしょう。
運河散策は、どちらかというと、大人の観光コースです。お子様連れのご家族は、クルーズ船や、人力車で観光をすることで、より楽しめると思うので、ご参考ください。

小樽市には歴史建造物がたくさん残っています

小樽運河もそうですが、小樽市には歴史深い建物がたくさん残っており、とても見応えがあります。
かつて、「北のウォール街」とも言われた小樽市。現在も日銀通りには、金融機関の建物が誇り高く残っており、こちらも観光名所となっています。

小樽市に2店舗を構えている北章宅建株式会社は、不動産に関するコラムの他に、地域情報、観光情報、歴史情報などの記事もご紹介をしています。
不動産会社の垣根を超えて、お客様のライフスタイルのお手伝いをさせて頂きますので、ぜひ記事をご参考ください。
最後に、不動産の売却のご相談、また、家や土地を購入したい方、その他、不動産や地域に関するご質問ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このブログへのお問い合わせは

心も魅了される小樽運河をご紹介

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

  • JR函館本線の歴史を小樽市中心に調べてみた!
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード