2019.05.23お役立ち情報

節約まめ知識

2019年10月に、消費税の増税が予定されていますね。

8%から10%へ引き上げられることで、暮らしにどれほどの影響が出てくるのでしょうか。

今回は少しの工夫で節約につながる豆知識をご紹介致します!

 

【「小まめ」が家計を救う⁉】

家で使用している電化製品、使っていない時もコンセントを差しっぱなしにしていませんか?

待機電力は家庭における消費電力の10%を占め、年間ではおよそ9,500円の支出にもなります。

 

使用しない時は小まめにコンセントを抜くようにしましょう。

また、スイッチのオン・オフを切り替えるだけでコンセントを抜くことと同じ効果がある省エネタップを利用すると手間が省けて便利です。

給湯器は待機電力と同じく、スイッチを入れているだけでガスを消費します。

給湯器のスイッチも小まめに消しましょう。

また、設定温度でガス代は変わってきます。

40度では1分あたりおよそ2.2円ですが、30度では約半分の1.3円ほどで済みます。

使用する目的で都度調整しましょう!

水道代に関しては、食べ残しや食器に残った油は紙で拭いたり、油ものとそうでないものを分けたりすることですすぐ水の量を減らせます。

 

【お買い物は計画的に!】

買い物をする際、いくつかのルール通りにするだけで、無駄な買い物を回避することが出来ます。

まずは、買い物にかけられる予算を計算しましょう。

1日単位で計算するよりも、週単位であるほうが目安をつけやすくなります。

また、まとめ買いによって買い物に行く機会を減らせば、その分無駄遣いをなくすこともできます。

1週間に1万円と予算を決めたとすれば、予算の金額だけを財布に入れて買い物に出かけ、その中で必要なものを揃えるようにしましょう。

次に、必要なものリストを作りましょう。

品物に優先順位をつけておくと、本当に必要なものかどうか、冷静に判断する時間を作れるのでとても効果的です!

特に食材の場合は、冷蔵庫の中身を確認し、数日分の献立をあらかじめ考えておくことで、家計の無駄遣いを防ぐことができます。

 

【着回し「上手」でお金が貯まる⁉】

洋服にかけるお金を節約するためには、一着を長く着られるようにすることが大切です。

洋服が長持ちする洗い方としては、冷たい水と少ない洗剤で洗濯することで、服の繊維を傷つくのを防ぎます(服のタグの洗濯表示も確認)。

色落ちや縮みの原因になる為、なるべく乾燥機ではなく自然乾燥にしましょう。

電気代の節約にもなります。

こまめに洗濯できないスーツ等は、着替えの際の毎日のケアが大切です。

ハンガーにかけてブラッシング等でホコリを落とし、霧吹きで軽くスプレーし、風通しが良い所に干す事で汗の臭いやシワを除けます。

また、クリーニングから戻ってきた服をビニールのまま保管するとカビ等の原因になるので衣類カバーに移してからしまいましょう。

また、少し高くても質が良く、長く着られるものを数着着回すよう心がけましょう。

不要になった服は捨てずにリサイクルショップ等に売れば、得たお金を貯金できます。

季節の初めだと買い取り価格が上がるので、売るタイミングも意識すると良いです。

 

 

 

 

このブログへのお問い合わせは

節約まめ知識

札幌手稲店 星 尊之不動産という高額なお客様の財産を査定し、販売する醍醐味に惹かれ、この業界に携わらせていただいております。 お客様満足を第一に考え、笑顔で一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願い致します。

  • 5月・お花とこいのぼり
不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード