不動産売却のコツ2022.02.17

テラスハウスは買取可能?担保評価が低いという噂は?

昭和の時代を思い出す佇まいの長屋住宅。その当時の長屋をそのまま維持している風景も大変珍しく、観光名所などで見かけることも多いですよね。
その長屋住宅が現代風にアレンジされている建物がテラスハウスやタウンハウス。
最近では、投資用として購入される方や、もちろん住居として購入をされる方もいます。購入される方の大半は、一戸建ての様に1階と2階を住居スペースとして利用できる上、購入価格も一戸建てと比べると比較的安価なのでテラスハウスやタウンハウスを検討するのだそうです。
では、もし購入をしたテラスハウスを売却したい場合、通常売却は可能なのでしょうか?
今回の記事では、購入をしたテラスハウスの売却方法や、評価について解説していきます。

テラスハウスを売却する際の注意点

隣家と壁続きとなっているため、自分だけの判断ではなく、住民全員の許可や同意を得る必要があります。
では、注意点をいくつか説明しましょう。

テラスハウスの他の所有者(住民)に売却の旨の許可を得る

1つのテラスハウスに3世帯が入居していると仮定します。何らかの事情でこのテラスハウスを売却する場合、1人が勝手に売却を進めることはできません。
所有者(住民)全員が売却をすることを許可した上で売却の手続きを進めることができます。

テラスハウスを切り離しはできるが、現実問題で困難

実際所有者全員の許可を得ることは中々困難なことでしょう。では、自分の所有部分だけを売却するために隣家の連結部分を切り離し、完全に独立した住宅にしたらいいのではないか?と考える方もいらっしゃいます。
テラスハウスは、連結部分も含めた構造を保つことで強度を維持しているため、連結部分を切り離すことで、そもそも強度が低下する恐れもあります。
実際、テラスハウスの奥側の部分を所有している場合、接道義務の条件をクリアできないこともあり、再建築不可という評価となる可能性もあります。

更地にして売却の場合も許可が必要

老朽化に伴い、解体をする場合も所有者全員の許可が必要となります。住民それぞれの考え方があり、更地に戻し土地を売却して新たな場所に引っ越したいという方もいれば、引っ越しはしたくないという住民もいるでしょう。
生活背景や、資産状況が異なる中で許可を取ることは簡単なことではありません。

テラスハウスの売却は買取が最善策?

テラスハウスは上記のような理由から、一戸建てや分譲マンションと比較をすると制約があり、売却やリフォームの自由度は低いでしょう。
さらに、再建築不可となるテラスハウスもあるため、金融機関からの評価が低く、住宅ローンの審査が通りづらいともされています。
元々、テラスハウスやタウンハウスを希望する買主の母数が少ないことと、評価の低さや自由度の低さなどのデメリットが大きいことから、通常売却は買い手を探すことに苦労をすることも想定できます。
レア物件と一般的に認識されているため、買取専門業者に買い取ってもらうことも検討しましょう。レア物件のみを取り扱っている買取専門業者もあるため、テラスハウスの買取実績のある業者がおすすめです。
専門業者は、連結部分の切り離しや、価値の知識が豊富なため、買取価格も下がることなく買い取ってもらえることもあります。

担保評価は低くなるの?

テラスハウスの物件状態や建築場所にもよりますが、繰り返しお伝えした再建築不可が評価に影響を及ぼしていることは認識していることでしょう。
接道義務の条件を満たしているテラスハウスであれば、たとえ購入後に連結部分を切り離したとしても再建築不可とならないので、通常の物件と大差の無い評価となります。
上記のようなテラスハウスでなければ、価格自体は相場より20〜30%低くなります。リフォームなどで価値を維持していくことも困難であることも考えられ、通常物件と比較をすると担保評価は低いと考えるべきでしょう。

購入時は資産価値の観点でも検討するべき

売却をするとなると安易にはいかないテラスハウスの売却。連結部分を分離をするにも、解体をし更地をするにも、専有部分をリフォームするにも、他の所有者全員の同意が必要となります。
いずれ売却の可能性もあるなら、購入時からデメリットの対策やデメリットをカバーできるテラスハウスを購入するべきでしょう。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
テラスハウスは買取可能?担保評価が低いという噂は?

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 雑種地とはどのような土地?相続をしたら何から始...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード