Vol.542栗山店

市営住宅に空きが出たため、自宅を早期売却してしまいたい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:K・K様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:安平町
■ご相談の地域:安平町
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】
元々今住んでいる家からの転居を考えており、市営住宅の空きを待っていました。今回、市営住宅の空きが出たと聞いたため、部屋が埋まらないうちに早期転居をしてしまいたいです。
購入時に借りた住宅ローンも残っていますが、完済してしまいたいので即現金化出来る買取をお願いできないでしょうか。

【ご提案した解決策】
市営住宅への転居の場合、空き部屋が出た際には入居希望者の間で取り合いになるケースも多くございます。そのため持ち家がある方にとっては、売却のタイミングが重要になります。
市町村によって入居の条件は様々ですが、過去にあった同じようなお客様の事例では、即現金化が出来る買取を選ばれる方が多い状況です。
今回のお客様の場合、住宅ローンの残債が有るため、売却のタイミングがうまくいかないと市営住宅の賃料との二重払いとなるのでは、と懸念されておりました。そのような負担を避けるよう、ご依頼の内容から買取の価格をご掲示させていただき、住宅ローンの返済も賄える金額をご提示しました。結果、ご希望に沿う額・条件だったため、即決していただくことが出来ました。

【担当営業として大切にした要点】
転居のタイミングと冬前という季節要因、住宅ローン残債の返済を全て解決出来る方法として、買取をご提案させていただきました。

著者
市営住宅に空きが出たため、自宅を早期売却してしまいたい。

栗山店 赤井 圭一出会うお客様は一人一人違う想いを持っていらっしゃると思います。それぞれのお客様に共感し、最後には「任せて良かった」とご納得していただける様日々取り組んで参ります。 空知エリアの不動産に関する事は私にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • マンションへの住み替えに伴い家を売却したい。
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード