2021.09.17地域歴史情報

手稲区の発掘者と鉄道の関わり~北海道札幌市手稲区~

今回は北海道札幌市の手稲区の、鉄道が通っている地域のことをお伝えしていきます。
手稲区は小樽市と石狩市の主要2ヶ所を結ぶ地域で、交通の要所として昔から発展してきました。
明治13年に汽車が停まるようになったことからも分かるように、この地域を通っている鉄道は生活の基盤とされており、北海道を陰ながら支えてきたのでしょう。
この辺りの鉄道と言えば、函館本線が有名です。函館、長万部、小樽、札幌、旭川といった北海道の主要の街をひと通り押さえているJR北海道の鉄道で、昔から今も人々に親しまれています。ここでは手稲区の歴史、現代までの歩みをじっくりと紐解いていきましょう。

昔の手稲区、今の手稲区

手稲区は、先ほどお話したように主に”小樽と石狩とを結ぶ交通の要所”として栄えたのが発端となります。
どんな土地であっても、発展したのには何らかの理由がありますし、発展する前にも、そもそもその土地を開拓した歴史があります。
それでは少し時代を巻き戻し、手稲区の昔の足跡を辿ってみましょう。

・手稲区の発掘者、前田利嗣(としつぐ)ってどんな人?

手稲区の歴史について調べると、発掘者として出てきたのは明治時代の侯爵、前田利嗣でした。
彼は加賀藩(現在の石川県南部)の生まれで、後々には親族から続々と衆議院議員が輩出されていた一族の長男として1859年5月31日誕生しました。
時は経ち、1871年(明治4年)にはあの岩倉使節団の一員としてイギリスへ行き、1890年の貴族院設立の際には侯爵議員に就任されました。
彼の甥っ子は、後に内閣総理大臣になった近衛文麿です。
映画やドラマでも度々取り上げられていますから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

・手稲区の酪農地「前田」の発展~現代まで

前田利嗣は岩倉使節団としての任務を終えて帰国してからの1895年(明治28年)、石狩平野の西部に農場を作りました。
これが手稲区の地名で駅名でもある、「前田」の起こりです。
冒頭でも触れた函館本線(当時は官営幌内鉄道)は、既に1881年(明治14年)にはこの前田の地に手稲駅を作っていましたが、当時は軽川と呼ばれていました。
前田と呼ばれるようになったのが、この石狩平野の農場開拓だったのです。
前田地区は泥炭地のため農耕には適していなかったので、酪農が中心となりました。
大正時代に経営に行き詰まった結果、農場は1946年(昭和21年)に廃業を辿ったとされています。
ただ前田の地名は現在も残りましたし、住宅地として大発展を遂げて手稲区の住民の3割近くはこの前田に住んでいるとのことです。
小学校~大学までの教育機関は合わせて10以上も現存し、こうして現代まで前田を栄えさせ続けているのですから、発掘者の前田利嗣の功績は大きく、彼が残した足跡は強いものですね。

さらには手稲稲積公園・前田森林公園といった二つの公園が整備されています。
前田森林公園は小樽からの運河が流れている公園となります。
元々は何も無かった土地に、10年も掛け、1から公園を完成をさせたのが前田森林公園です。
園内の半分を森林が占め、公園全体で樹木や記念樹を合計70,300本も植えてあるので、四季折々の季節を感じられるのも醍醐味のひとつではないでしょうか。
また、公園内の広大な土地は、広さ59.7ヘクタールあり、東京ドームで例えると12個分以上もある広さとなります。
北海道は日本一、土地が広い都道府県だからこそ大森林を人工的に作れてしまうんですね。改めて驚かされました。
さらに甲子園球場(1.3ヘクタール)で例えると40個以上とされています。
コロナ禍でもブームとなっているキャンプ場も公園内に確保されており、これから秋の紅葉シーズンに、気兼ねなくご家族だけでキャンプやバーベキューをするのも季節を感じられますよね。
広い敷地の前田森林公園ですから、深い深呼吸をして、公園の新鮮な空気を体に入れるだけでも活力が湧いてくるものです。

1986年(昭和61年)からは手稲駅に加え函館本線の稲積公園駅が開業しました。手稲区の中でも賑わいを見せる前田地区。今後も益々の繫栄を期待します。
如何でしたでしょうか?この記事で、皆様に手稲区の鉄道、中でも函館本線の駅が二つ通っている土地「前田」の魅力に気付けて頂ければ何よりです。

このブログへのお問い合わせは

手稲区の発掘者と鉄道の関わり~北海道札幌市手稲区~

札幌手稲店 星 尊之不動産という高額なお客様の財産を査定し、販売する醍醐味に惹かれ、この業界に携わらせていただいております。 お客様満足を第一に考え、笑顔で一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願い致します。

  • バス路線で読み解く手稲区
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード