2022.02.01お役立ち情報

北海道余市町に来たら果物狩りを楽しもう!函館本線を使った各方面からのアクセス方法

ウイスキーやワイン、海鮮が有名な余市町ですが、実は「果物」も有名であることをご存知でしょうか。
余市町ではあらゆる新鮮な果物の栽培に力を注いでおり、初めて果樹の栽培を試みたのは明治初期と言われています。
特にリンゴ、ブドウ、梨の生産は北海道一の生産量を誇り、全国各地に出荷されていることで有名です。
そんな新鮮な果物を季節に応じて「果物狩り」として楽しめるのも余市町の魅力です。
こちらでは、余市町周辺で楽しめる果物狩りの施設や、余市町を走る鉄道函館本線を使ったアクセス方法についてご紹介していきます。

明治初期から始まった果物栽培

余市町での果物栽培の歴史は古く、初めて果樹栽培を試みたのは明治初期とされています。
北海道と言えば「寒い」というイメージが強いと思いますが、余市町は北海道の中でも比較的温暖な気候とされ、果物栽培には最適な土地柄です。
明治初期には日本で初めてのりんご栽培に成功したという経歴を持っていることから、「道内でいち早く果物栽培を手掛けた地域」ということになりますね。

特に生産量が多い果物は?

果物には多くの種類がありますが、余市町で特に生産が活発なものは、記念すべき初栽培のリンゴをはじめナシ、ブドウが挙げられます。
リンゴやナシは生食用として、ブドウに関しては生食用以外にもワイン加工用として多く栽培されてきました。
余市町ではワインも有名な特産物ですが、こういった活発なブドウ栽培も大きく影響しているようです。
これら3つのフルーツほどではありませんが、プルーン、さくらんぼ、いちご、メロンなども多く栽培しており、至る所で果物狩りが実施されています。

函館本線を使って果物狩りに行こう!

余市町では果物をただ食べるだけではなく、「新鮮な状態で収穫する」という体験が多くの農園、果実園で可能です。
他の地域ではなかなか収穫できないものもありますので、余市町に来た際にはぜひ体験してみてくださいね。
余市町に通っているJR函館本線を利用したアクセス方法もあわせてご紹介していきます。

ニトリ観光果樹園

余市町の中でも一番規模が大きく有名なのがニトリ観光果樹園です。
果物狩りランキングでもベスト1位を獲得するほどなので、満足すること間違いなしですね。
設立1870年と古い歴史を持つ果樹園で、元々は山本観光果樹園という名前でした。
春にはイチゴ、初夏にはさくらんぼ、秋にはブドウやナシなど四季を通じて数々のフルーツを堪能できます。
余市町にはJR函館本線が通っており、JR余市駅が最寄駅となります。
札幌からは快速で60分、小樽からは普通で30分、倶知安からは普通で40分で到着し、余市駅からは約3kmです。
特に札幌からだとJR千歳線、JR札沼線、JR学園都市線から乗り換え可能なので、あらゆる地域からのアクセスが可能です。

中井観光農園

美しい景観で有名な農園で、季節に合わせて完熟で甘みたっぷりなフルーツ狩りを楽しめます。
ニトリ観光果樹園と同じようなラインナップですが、農業経験者ではなくても自身のりんごの木を保有できるサービスが魅力的です。
最寄駅はJR余市駅で車で8分の場所に所在します。
また、余市駅の隣のJR仁木駅からもアクセス可能で、車で15分の場所に所在しています。

余市町に行ったら新鮮な果物狩りを楽しもう

北海道の中でも比較的温暖な気候であるため、余市町では季節に応じて新鮮な果物がたくさん収穫できます。
農園や果実園によって異なる果物が栽培されているので、何軒もはしごしたり、お目当ての果物を栽培している農園に足を運ぶのも良いかもしれません。
くの際はお気軽にお立ち寄りください。
スタッフブログでは不動産以外に地域情報をお届けし、住民の方や観光に来られた方のお役に立つ情報を発信しております。
今回お届けしている余市町の情報はイエステーション後志店の管轄地域となります。
余市町、後志管内の一戸建て(空き家)、マンション、土地等の不動産売却に関する事はイエステーション後志店へご相談ください。
査定のご相談は全て無料となり、不動産仲介だけではなく不動産直接買取も含めた最善のご提案をさせていただきます。

このブログへのお問い合わせは

北海道余市町に来たら果物狩りを楽しもう!函館本線を使った各方面からのアクセス方法

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード