2022.02.01お役立ち情報

北海道余市町にはワイナリーが点在。バスを使ったワイナリー見学のおすすめルート

「余市町」と聞けば真っ先に「ニッカウヰスキー」を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。
全国的に有名なのは「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」ですが、実は余市町には2021年には13ものワイナリーも存在しています。
ワインに使われるぶどうの栽培や収穫が盛んな街ということもあり、ワイン作りにも力を入れるようになった経緯については知らない方も多いのではないでしょうか。
街中に点々と存在するワイナリーは余市町を走るバスを使うと気軽に行くことができます。
今回は、余市町を走るバスを使ってワイナリー見学をする際のおすすめルートについてご紹介していきます。

余市町はウイスキーとワインの二本立て

全国にファンの多いニッカウヰスキーが一番に連想される余市町ですが、最近ではウイスキーと同じくらいワインも注目されていることをご存知でしょうか。
余市町で作られるワインは「余市ワイン」と言われ、今や日本国内にとどまらず海外からも高い評価を受けている現状があります。
ワイン造りが本格的に行われる前から、ワインに欠かせないブドウの栽培と収穫がとても盛んであり、「ワインのために生まれた街」と言っても過言ではないかもしれませんね。
2010年には赤ワインに使われるブドウ品種ピノ・ノワールからクオリティの高いワインが完成し話題となったこともあり、以後新たなワイナリーが産声を上げ続けています。

余市ワインの歴史

元々余市という土地柄、ブドウ栽培には適していたこともありワイン造りが始まるまでにはそう時間はかかりませんでした。
2011年にワインの品質の高さから「ワイン特区」に認定されたこともあり、規模の大きさに関わらずワイナリーを設立できるようになった背景が最も大きく、ワイナリー設立を後押ししたと言われています。
今までは余市で収穫した豊富なブドウを国内ワインメーカーに卸して来ましたが、ワイン特区に認定されてからは各ワイナリーで趣向を凝らしたワインを製造しています。
そして2021年春には余市だけで13のワイナリーが存在するようになりました。

ワイナリー見学にはバスを使おう

余市には大きなワイナリーからこじんまりとしたワイナリーまで個性的なワイナリーが揃っていますが、それぞれのワイナリーを見学するにはバスを使うのがおすすめです。
余市には北海道中央バスとニセコバスが通っており、それぞれ各行先に行く人々の足として重宝されています。

北海道中央バスとニセコバスが通っている

北海道中央バスは北海道の各地域を走る代表的なバス会社ですが、余市を走っている路線は「余市路線」と名付けられており、18番の「余市線」、20・21番の「積丹線」が存在します。
また、余市町にはニセコバスも通っており、「小樽線」が存在します。
小樽線はニセコ駅前から余市駅前を結ぶルートとなっており、終点まで85分と長時間かかりますが、バス1本で移動できるのは非常に便利ですね。

バスを使ったおすすめルート

バスを使うことで気軽にワイナリーに行くことができ、複数のワイナリーを1日ではしごする事も可能です。
一番人気かつ有名な「余市ワイナリー」は予約なしで自由に見学ができ、なんと全てのワインが試飲可能です!
JR余市駅から北海道中央バスに乗り赤井川線で約15分ほどで到着します。
昔ながらの製法を大切にしている「ドメーヌタカヒコ」もおすすめワイナリーの一つです。
小樽駅から余市方面に向かうバスに乗り、余市駅で下車した後タクシーに乗ると到着します。
バスは20分に1本程度なので、あらかじめ時刻を調べておくと安心です。

豊富なワイナリーで余市町の魅力UP

余市町には豊富なワイナリーが至るところに点在しているので、色々と回るのも楽しいですよね。
ワイナリーによっておすすめのワインが違うので、試飲や大切な方へのお土産を選ぶのも楽しいかもしれません。
スタッフブログでは不動産以外に地域情報をお届けし、住民の方や観光に来られた方のお役に立つ情報を発信しております。
今回お届けしている余市町の情報はイエステーション後志店の管轄地域となります。
余市町、後志管内の一戸建て(空き家)、マンション、土地等の不動産売却に関する事はイエステーション後志店へご相談ください。
査定のご相談は全て無料となり、不動産仲介だけではなく不動産直接買取も含めた最善のご提案をさせていただきます。

このブログへのお問い合わせは

北海道余市町にはワイナリーが点在。バスを使ったワイナリー見学のおすすめルート

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

  • ソーラン節発祥の地の余市町。余市のソーラン節の...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード