ローンやお金のこと2021.09.02

あなたの家は省エネ住宅?補助金が受けられるかも⁉︎

毎日のように目にする環境問題ですが、そういった環境問題を踏まえて、最近では環境に配慮した住宅がよく見られるようになってきています。
いわゆる「省エネ住宅」と呼ばれる住宅は環境に優しいだけではなく、国から様々な補助金を受けられることもあって、多くの方が省エネ住宅にシフトしている現状があるのです。
こちらでは省エネ住宅にはどんな種類があるのか、また省エネ住宅で受けられる補助金の種類についてご紹介していきます。
あなたの住宅も当てはまっていれば補助金が受けられるかもしれません。

省エネ住宅の種類と受けられる優遇措置は?

省エネ住宅を購入、もしくはそのような住宅に変更すると要件に当てはまった場合、補助金や減税措置を受けることができる場合があります。
省エネ住宅はいわゆるエネルギーを多く消費しない、もしくは生み出す家のことを指します。
そもそも対象となる省エネ住宅にはどのような種類があるのか、そしてどんな恩恵を受けることができるのか詳しく見ていきましょう。

断熱リフォーム

現代における高性能な建材、断熱材を使っている場合、当然エネルギー効率が良くなるので省エネ住宅としてみなされます。
高性能な建材は風通しを良くしたり、一定の温度を保つのを得意とするため、少ないエアコン、ヒーターの使用で住宅内が快適に保たれるというわけです。
断熱リフォームを行うと最大で120万円の補助金を受け取ることができます。

ZEH

ZEHとは、消費するエネルギーと生み出すエネルギーがほぼ同量という意味で、そういった仕組みを用いた住宅のことをZEH住宅と言います。
最近では建売住宅でもこのような仕様が増えてきており、なおさら省エネ住宅推進に拍車がかかっている状況と言えるでしょう。
ZEHでは取り入れる仕様について受け取れる補助金が3段階に分かれており、一戸あたり70万円、115万円、125万円となっています。
最大の125万円を受け取る要件は、ZEH+の条件を満たすとともに停電時に使える電源が確保できていることや、電気を溜められるシステムもしくは太陽熱を利用したシステムのどちらかを導入していることが必要です。

すまい給付金

元々は住宅購入時にローンを組んだ際に消費者の負担を軽減するために導入された制度ですが、省エネ住宅を購入した際にも一定の基準を満たしていると判断してもらえれば還元を受けることが可能です。

地域型グリーン化事業

保有している、もしくは購入した住宅が長期優良住宅である、もしくは低酸素住宅であるとみなされた場合補助金を受け取ることができる制度です。
新築した場合だけではなく、改修した場合も要件に含まれます。

エネファーム設置補助

聞き馴染みのある方が多いエネファームを設置すると最大で8万円補助金として受け取ることができます。
住宅の改修に比べると気軽に導入しやすいので、給湯器が古くなってきた方におすすめです。

長期優良住宅化リフォーム

長期間経過しても優良な住宅を約束するための長期優良住宅へ既存住宅をリフォームした時に補助金を受け取ることができます。
令和元年では最大250万円の支給がありましたが、年度によって制度の変更があり得るため、受け取れる金額は左右するかもしれません。

次世代住宅ポイント制度

現在の消費税額10%を支払って新築もしくはリフォームをした場合にポイントを受け取ることができます。
もちろん、省エネ性が認められなければポイントを受け取ることはできませんので、要件を細かく確認する必要があります。
ポイントは様々な商品と交換できる仕組みになっています。

省エネ住宅に改修するのも一つの方法

新築の予定がない場合は、既存住宅を省エネ住宅に改修するのも良いかもしれません。
新築時に比べて受け取れる補助金や減税制度は少なくなりますが、要件に当てはまってさえいれば、リフォームでも一定額の補助金を受け取ることができますよ。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
あなたの家は省エネ住宅?補助金が受けられるかも⁉︎

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 海外在住者は不動産売却できるの?
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード