Vol.318美唄店

貸家を解体し土地が不要となった為、売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:I・M 様
■年代:60代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:岩見沢市
■ご相談の地域:岩見沢市栗沢町
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】

以前に貸家として運用していた建物がありましたが、解体し土地のみ残ってしまいました。現在は不要になった為、売却を検討しています。

【ご提案した解決策】

まず近隣の成約・販売中事例や路線価の資料をこちらで用意し、現在の相場について売主様にご説明しました。その後、既に建物の解体費用が発生している点に言及し、販売価格にその分を反映させるかどうかの打ち合わせもさせて頂きました。結果、売主様としては解体費用は掛かったが販売価格については相場に近い金額を設定してほしいとの回答を頂きました。
土地を売りたい方の中には建物を解体した後に販売活動を開始するお客様もいらっしゃいます。販売する際に解体費用の部分を考慮するかどうかご相談させて頂いたうえで、販売活動についてのご提案をいたします。

 
【担当営業として大切にした要点】

建物の解体費用が発生しているので、その点を考慮したうえで販売価格を設定する事に重点を置きました。

著者
貸家を解体し土地が不要となった為、売却したい。

美唄店 前平 竜斗前職はまったく畑違いの仕事をしていましたが思い切ってこの業界に飛び込んで現在に至ります。住宅、不動産の売買はお客様の人生に深く関われる重要な仕事であり、責任と共に喜びも大きいなと感じています。 地域の不動産の購入・売却のご相談は是非北章宅建にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • 借家にしていたが入居者が退去するので、その住宅...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード