Vol.424岩見沢店

1年以内の転勤が決まっているため、家の売却について相談したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:K・S様
■年代:50代
■ご職業:自営業

■お住まいの地域:栗山町
■ご相談の地域:栗山町
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:転勤

【ご相談内容】
正式な辞令は下りていませんが、1年以内に遠方へ転勤する予定です。
インターネットで調べたところ、住みながらの売却も可能なようですが、まだ引っ越しの正確な時期が決まっていません。その様な場合でも売却をスタートする事は出来るのでしょうか。
仮に購入希望の方が現れた時に迷惑をかけるのも嫌なので、売却の流れを教えて欲しいです。

【ご提案した解決策】
今回のお話のように、具体的なお引渡しの日程が決まっていない状態での売却相談は多数頂きます。こちらのお客様は転勤が売却の理由でしたが、他の理由でお住み替えの場合でも、ほぼ同じ問題に直面します。
結論からお伝えしますと「引っ越し日が決まっていない場合でも一定の条件を容認出来るのであれば、売却を進める事は可能」です。
その条件とは、下記のような内容となります。
購入希望の方が現れてご契約を進める場合、お引渡しの最終期限日は必ず設定しなければならず、ご契約日から長くても半年の期限が一般的です。仮にその日付までに、売主様の転勤(または新居への転居)が決定しない場合、ひとまず賃貸物件等へ仮住まいし、約束通り買主様へ住まいを引渡す必要があります。その点を売主様が容認出来るのであれば、売却はスタート可能です。

【担当営業として大切にした要点】
売却のスケジュールを書面にて具体的にご説明させて頂きました。
特に仮住まいが必要になる可能性があると、後々のトラブル要因にもなる為、しっかりとリスクをご理解頂けるよう留意しました。

著者
1年以内の転勤が決まっているため、家の売却について相談したい。

岩見沢店 赤井 圭一出会うお客様は一人一人違う想いを持っていらっしゃると思います。それぞれのお客様に共感し、最後には「任せて良かった」とご納得していただける様日々取り組んで参ります。 空知エリアの不動産に関する事は私にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した市街化調整区域内の土地を処分したいので...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード