Vol.996栗山店

栗山の家を相続し賃貸運用しようと思ったが、難しいので売却したい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:K・K 様
■年代:50代
■ご職業:会社員
■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:栗山町
■売却理由:相続
■お問合せ方法:来店

【ご相談内容】
何年か前に亡くなった祖母の家を相続しました。賃貸運用しようと考えたのですが、思ったよりも修繕費が高くつくことが分かり、賃貸の計画は諦めて出来れば現状のまま売却したい意向です。立地としては町の中心部に近いため需要はあると思いますが、建物の劣化がかなり進行しているので印象が良くないのではないかと心配です。家からも遠く管理もろくに出来ていません。荷物などはこちらで撤去するので、販売を手伝っていただけないでしょうか。マイナスにはしたくなく、手のかからないうちに処分したいです。

【ご提案した解決策】
直接お店に来ていただいてのご相談でした。後日、現地を一緒に確認することになり、相続したお家にお邪魔しました。空家期間が2年ほどあるとのことで、事前に伺っていた通り建物の劣化は見られましたが、解体せずとも販売できるのではないかと進言しました。築40年ほど経過していたため、査定では建物価格を算出出来ませんでしたが、立地条件が良く賃貸需要の高いエリアにあることから、投資目的でお探しのお客様が一定層いるかもしれないと考えました。そこで価格を相場よりも下げ、現状のまま引き渡す条件で販売し、集客を見込む計画を提案しました。売りに出してみると狙い通りに注目され、広告開始から2か月ほどで現状のまま購入いただける方が見つかりました。

【担当営業として大切にした要点】
ある人にとっては価値が感じられない物も、他の人から見ると魅力的に見える可能性があることを大切にしております。凝り固まった一方向からの視点ではなく、より視野を広げて色々な角度から検討することにより、解決の糸口が見つかる問題もあると思います。

著者
栗山の家を相続し賃貸運用しようと思ったが、難しいので売却したい。

栗山店 鈴木 良幸不動産の売買はお客様の人生を左右する重要な出来事です。 ご縁のあったお客様お1人お1人に、誠心誠意の気持ちで最大限の努力を尽くします。 栗山店にお立ち寄りの際はお声をかけて頂けると大変嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 荷物が多く残った空家、解体せずに売れる方法はな...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定