Vol.997岩見沢店

荷物が多く残った空家、解体せずに売れる方法はないですか。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:A・М 様
■年代:70代
■ご職業:年金受給者
■お住まいの地域:岩見沢市
■ご相談の地域:岩見沢市
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:来店

【ご相談内容】
弊社チラシを見た息子さんよりお電話いただきました。
母が施設に入ることになり、それまで住んでいた実家を売却したいと考えています。築60年を経過した建物で内装状況もそれほどよくないのですが、母の希望もあり、何とか解体しないままで売れないでしょうか。また荷物が多く残されており、自分一人では到底片付けられないので、業者さんを紹介してもらいたいです。その他、売却にかかる費用も教えて欲しいと思います。

【ご提案した解決策】
まず現地をご訪問し、売主様お立会いのもと査定を行いました。リビング・各部屋・キッチン・お風呂などを拝見しましたが、事前のお話通り荷物が多い印象でした。立地は岩見沢でも中心部から離れていたため、なかなか買主様は見つかりにくい状況でしたが、近隣の方へもお声がけしたところ購入者様が決まりました。ちょうど隣地にお住まいの方がお引越しを考えていたとのことで、こちらのお家へ住み替えたいとお話がまとまったのです。価格は相場よりも低くなりましたが、売買する運びとなりました。売主様と買主様は旧知の間柄だったこともあり、契約後に荷物撤去のため猶予期間を設けるなど色々と融通いただき、スケジュールに無理もなく円満に取引が完了しました。

【担当営業として大切にした要点】
荷物が多く残っていると、買主様の印象がよくない場合もあります。荷物は物件のお引渡しまでに撤去するのが一般的ですが、広告前に撤去することで、より魅力あるお家として売り出すことが可能です。今回は荷物が予想以上に多く、広告前にまず近隣の方へお声がけする方が効果的かと思いご提案しました。

著者
荷物が多く残った空家、解体せずに売れる方法はないですか。

岩見沢店 鈴木 良幸不動産の売買はお客様の人生を左右する重要な出来事です。 ご縁のあったお客様お1人お1人に、誠心誠意の気持ちで最大限の努力を尽くします。 岩見沢店にお立ち寄りの際はお声をかけて頂けると大変嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した小樽の実家について、住んでいた叔母が退...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定