Vol.283小樽店

空き家になった家の売却を相談したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S・K様
■年代:60代
■ご職業:無職

■お住まいの地域:小樽市東部
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

現在ご自身はマンション住まいで、元々住んでいたお宅を売りたいという相談でした。ご自身が住んでいたのは随分前ですが、その後娘さんご家族に貸していたそうで、空き家期間も一カ月程でした。ご自身はすでに転居済みで、敷地が広いお宅の為、管理出来ないので処分をご希望、売却したいと仰っていました。当初は概算で良いので、査定金額を知りたいとの事で、近隣相場から算出した査定金額を提出しました。

【ご提案した解決策】

概算の査定書を作成しましたが、当社での買取のお話をさせていただいたところ、一度現地を見てほしいという事になりました。娘さんご家族は、必要な物だけ持って退去されたので、室内には不要なお荷物が残っている状態でした。そこでお荷物の撤去は当社が負担する形での買取をご提案しました。仲介との金額の乖離もあり、当初はお悩みの様子でしたので、当社ではどちらでもお手伝い出来ますので、ご検討ください。と一旦終了となりました。私としては、建物の室内状況も良かった為、仲介で売り出しても売れるだろうと考えていましたが、後日ご所有者様より、買取で進めたいとお返事を頂きました

【担当営業として大切にした要点】

ご相談者様のお悩みを、どのように解決できるか考え、仲介と買取、2種類での売却方法をご提案しました。結果「買取」を選ばれましたが、売買契約の際、どうして仲介を選ばなかったのかお伺いしました。すると、やはり仲介だと売れるタイミングが読めないことや、売れるまでの管理面のこと。また、お荷物の撤去作業などを考えた時に、買取の方が良いと感じたようです。ご親族の方ともお話しをされたようで、皆様処分が出来るのであれば・・・。という見解だったようです。

著者
空き家になった家の売却を相談したい。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 秋に道外へ引っ越すので、今の自宅をどうするか相...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード