Vol.277小樽店

自分名義の家に親が住んでいるが、親が施設に入所するので売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S・N 様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:小樽市東部
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

親の家を父が亡くなった際に自分名義にした。母が一人で住んでいたが、施設に入る事となり、自分も小樽のマンションを売却し札幌への転居が決まっている。そういった都合から、買取を希望。他業者さんにも話を聞き、買取でまとまりそうだったが、物件の前が私道である事で事情があり、買取を断られてしまった。御社で買取出来るものかどうか、一度精査して頂きたい。

【ご提案した解決策】

当社で買取りと仲介の両面で提案をさせていただきました。小樽を離れてしまう事や、物件のご事情を考慮した結果、管理面やお気持ちの部分での負担を考えれば、買い取ってもらった方が良いという判断をされたようです。小樽を離れて、空き家になったお宅のご心配をされる事は、非常にご負担になることを理解されておりました。特に冬季間は雪のトラブルなども考えなければいけませんので、仲介で売りに出してもすぐに売れる保証がない以上、買取してもらえるなら、買い取っていただきたいと仰っておりました。

【担当営業として大切にした要点】

所有者様のご心配されている事を考慮させていただきました。査定の際にお伺いした、ご心配な部分を解消できればと思い、買取でのご提案となりました。金額面では当初考えていたより若干下がってしまったため、私としては、仲介で販売活動をされるかな?と思っておりましたが、結果的に買取を選択された事で、不安を解消できてとても満足されていたように思えます。

著者
自分名義の家に親が住んでいるが、親が施設に入所するので売却したい。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 札幌に引っ越したいが、今住んでいる家の処分に困...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード