マンションのこと2021.04.16

マンションと一戸建ての売却方法が知りたい!何か違いはあるの?

売却を考えている動産をお持ちの方も多いと思いますが、やはり気になるのは売却方法でしょうか。
保有している物件がマンションの方もいれば、一戸建ての方もいらっしゃると思いますが、どちらも売却方法が同じなのか、それとも違うのか気になりますよね。
両者の売却方法を知っておけば、複数の不動産を持っている場合にもスムーズに対応できるでしょう。
今回はマンションと一戸建て、それぞれの売却方法について詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マンションを売却するには?

現在マンションに住んでいる方が一戸建てに住み替えを考えたり、中には相続などで譲り受けた方もいらっしゃるでしょう。
いずれにしても、「もう必要ない」と判断した時点で売却を検討すると思いますが、マンションを売却するにはどのような方法が用いられるのでしょうか。
あわせてマンションを売却した際のメリットとデメリットも見ていきましょう。

マンション売却の流れ

マンションももちろん不動産であるため、基本的な売却方法は一戸建て住宅の場合と変わりません。
ただし、立地や間取り、築年数などによっては売却までに時間がかかる場合も多く、平均で売却が完了するまで半年ほどかかると言われています。
よほど条件やタイミングが良い場合は3ヶ月ほどで売却ができる可能性もありますが、基本的には「半年ほどかかる」と思っておいた方が無難です。
まず、どこの不動産会社に相談し、力を貸してもらうかを決める必要がありますが、その前にまずは自分の物件について査定を行っておきましょう。
査定価格は築年数や立地などによって大きく左右されますが、いきなり不動産会社へ相談にいく前にある程度の価格を知っておく事が重要です。
売却を行ってもらう不動産会社が見つかったら、次は売却プランや価格が決まり、販売活動へと進みます。
不動産会社の販売や広告の仕方が上手であればあるほど、早く買主が見つかるでしょう。
内覧などにも対応し、最終的にそのマンションを買いたい人が決まれば契約が成立します。

マンション売却のメリットとデメリット

一見、スムーズに売却が進みそうだと感じられるかもしれませんが、当然マンション売却にはメリットとデメリットがあります。
メリットは、マンションの価格にもよりますが、まとまった資金が手に入ることや、3000万円までの税金控除を利用することができる点です。
また、賃貸として貸すよりもランニングコストがかかりづらく、「入居者が入らない」という悩みとは無縁なのも嬉しいポイントですね。
デメリットは、条件によってはなかなか買主が見つからなかったり、仲介手数料がかかるという点です。
ただし、不動産会社が直接物件を買い取る場合、仲介手数料は免除となりますので、そういった方法も一案として考えてみてください。

一戸建てを売却するには?

マンションの売却と同様に、一戸建て住宅を売却する場合にもいくつかの手順を踏む必要があります。
マンション売却とはどういった点が違うのか、どんなメリット、デメリットがあるのか、一つ一つ見ていきましょう。

一戸建て住宅売却の流れ

一戸建て住宅の場合も、真っ先に不動産会社に相談するのではなく、まずは自分で物件の資産価値を調べておく事が大切です。
特に一戸建て住宅の場合は、マンションよりも立地が悪い事が多く、閑静な住宅街に建っていることも多いため、場合によってはマンションよりも査定価格が低く算出されてしまう可能性があります。
そういったことも踏まえて、「どのくらいの金額で売れる可能性があるか」をきちんと調べ、適切な価格を算出してくれる不動産会社に依頼することが大切です。
一戸建て住宅は、築年数や立地の影響をマンション以上に受けやすいことから、価格の下限を先に決めておくことをおすすめします。
「どのくらいの金額までなら許せるか」と自分で決めておくことによって、損することなく売却が可能です。
その後の流れはマンションであっても一戸建て住宅であっても同じなので、まずは信頼できる不動産会社を選ぶことが何よりも重要と言えます。

一戸建て住宅売却のメリットとデメリット

マンション売却では、様々なメリットとデメリットがありましたが、一戸建て住宅売却の場合は、まず住み替えの資金とすることができる点が挙げられます。
マンションから一戸建てに住む方ももちろんいらっしゃると思いますが、一戸建てからマンションに住み替える方の方が多い傾向にあります。
その理由は、日本が台風や地震が頻発することや、セキュリティ面でマンションの方が万全な対策が取られている事が多いこと等が挙げられます。
また、一戸建て住宅の場合は築年数が経つにつれてメンテナンスが必要ですが、マンションは管理会社がメンテナンスをしてくれるので、自分で手をかける必要がなくなります。
一方デメリットは、築年数が古い場合は補修やリノベーションをしないと売れない可能性もあり、売却時に別途費用がかかる可能性があります。

マンションも一戸建て住宅も基本的な流れは同じ

マンションも一戸建て住宅も基本的には同じような流れで売却が進みます。
売却を行う際には、どちらのケースであっても「信頼できる不動産会社を見つける事」と「納得できる価格で査定、売却すること」を意識してくださいね。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
  • 賢く不動産を売却する方法を教えます!
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード