不動産売却の基礎知識2021.04.16

賢く不動産を売却する方法を教えます!

不動産を売却する際に、適切な価格での売却や、ストレスなく取引を行いたいと望むのは当然のことです。
しかし、保有している不動産によっては、希望する価格がつかないことや、不動産会社とトラブルになってしまうことは実は少なくありません。
負担なく売却するためには、適切な価格を算出してくれることや、上手に販売活動をしてもらうことが必要不可欠だと言えるでしょう。
今回は、不動産を賢く売るためにはどういった点に注意すれば良いか、ご紹介していきます。

不動産を高く売るためのポイント

満足いく売却を行うためには、何よりも保有している不動産を希望する価格や、できるだけ高く売ることが一番です。
保有している不動産の価値は、物件の状態や築年数、立地などによって大きく異なりますが、最低でも一般的な相場程度で売りたいと考えている方が多いでしょう。
相場以下になってしまったり、極端に安い金額で買い取られてしまう場合は、そもそも売却する意味も分からなくなってしまうかもしれません。
不動産を高く売るためにはいくつかポイントがありますので、それらを踏まえて売却を行う必要があります。

一括査定を行う

不動産を売ろうと決意したら、多くの方がいきなり不動産会社に相談に行くと思います。
もちろん売買を専門にしている不動産会社であれば、速攻で力になってくれると思いますが、不動産会社といっても様々な種類があるので、当然売買に特化していない業者も存在します。
そういった業者は、売買を依頼しても満足いく結果とならないケースが多いため、まずは依頼するべき業者をふるいにかける必要があるのです。
インターネット上で行える一括査定では、物件の情報を入力するだけで、おおよその価格や対応可能な不動産会社が一覧で表示されます。
その中からあなたが「良さそう」と思う業者に問い合わせをして、売買へと進むことができます。
複数の業者を比較検討できるので、自分が納得できる業者に依頼できることや、無料で利用できるのがメリットです。
表示される価格は大体の数値なので、完璧な正統性があるとは言い切れませんが、売却時の価格設定の目安になることは間違いありません。

ベストタイミングで売却する

売却を思い立ったら「すぐに売りたい」と思うかもしれませんが、実は不動産を売却するには適切なタイミングがあるのです。
時期やタイミングによっては、不動産の価格が大きく変わってきます。
売却をするべきタイミングは、その不動産の相場と大きく影響しているのですが、相場が下がってきていると感じられる場合は、できるだけ早く売却した方が良いでしょう。
逆に相場が上がってきていると感じられる場合は、その後も価値が上がり続ける可能性があるので、もう少し後の売却でも問題ありません。
相場が数年変わらないといった場合には、変動性がないので、いつ売却しても同じと言われています。
相場を調べるには、国土交通省が発表している不動産価格指数を確認することがおすすめです。
不動産価格指数とは、不動産の取引価格をまとめて平均化したものなので、「大体どのくらいの価格で取引が行われるか」の指標となる情報です。

売却がストレスにならないために必要なこと

売却を行う際には必然的に不動産会社の力が必要になります。
ただし、依頼する不動産会社を間違えると、希望の条件で不動産を売却することが難しくなったり、何かとトラブルが起こってしまう可能性があります。
売却を依頼すべき不動産会社とはどうやって選ぶべきなのか、見ていきましょう。

不動産会社の売買実績を確認

まず最初に、不動産会社が売買に特化しているかどうかを確かめることが必要不可欠ですが、不動産売買の実績がどのくらいあるのかという点もチェックしておきましょう。
不動産売買の実績が少ないと、売却を依頼しても慣れておらずなかなか買主を見つけられないといった事態になってしまいます。
また、取引価格にブレがあったり、相場とかけ離れた価格で売却されてしまうことも考えられます。
売買実績が多ければ、売却をした際に適切な価格設定をしてくれるはずですし、販売活動もきっと問題なく行われるでしょう。
初めて依頼する不動産会社であれば、売買実績の数や取引事例はよく確認しておいた方が安心です。

担当者の対応を確認

不動産会社に売却を依頼する際には、当然誰か担当営業マンが担当してくれるはずです。
どのような業界でも同じことが言えますが、担当者の対応によって結果が大きく左右されることは少なくないでしょう。
例えば、何の根拠もないのに「高く売れます」と言ってきたり、売却のメリットしか言ってこないような担当者はあまり信用できません。
良いことだけではなく悪い事も同時に教えてくれるような、本当の意味で親身になってくれる担当者であるか見ておきましょう。
また、担当者が売買に携わった経験や保有資格、キャリアなども知っておいた方が安心です。

賢く売るために必要なこと

不動産を賢く売るためには2つ必要な事があると紹介してきました。
相場を調べ、適切な時期やタイミングで売る事、もう一つは信頼できる不動産会社選びですね。
どちらも不動産売却を成功させるために必要不可欠なことなので、ぜひ心に留め、満足いく売却ができるようにしてください。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
賢く不動産を売却する方法を教えます!

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 管理費・修繕積立金を滞納していてもマンションは...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード