不動産に関する手続き2021.06.17

買取に向いている不動産は具体的にどんな物件?

不動産を売却する方法には、不動産会社が直接その物件を買い取る「不動産買取」と、一般に向けて販売活動を行う「仲介」の二種類があります。
売主が何を重視するかによって選ぶべき方法は異なりますが、今回は不動産買取に向いている物件とはどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

不動産買取のメリットとデメリット

今回ご紹介する不動産買取について、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
仲介と比べるとどのような魅力があるのか、はたまたどんな注意点があるのか見ていきましょう。
保有している物件が買い取ってもらうべきなのか、それとも仲介を依頼するべきなのか、検討してみてくださいね。

条件が悪くても買い取ってくれる

不動産買取では、一般的な販売活動ではなかなか買主が見つかりにくいと予想される物件であっても、買取が可能なことがあります。
むしろ、通常の物件よりも比較的条件が悪いとされる物件を専門にしている不動産会社も存在するくらいなので、「こんな条件の物件は売れないだろう」と諦める前に一度ご相談してみてくださいね。
案外不動産会社からすれば需要がある物件で、思いもよらぬ高値で買い取ってもらえるケースも存在します。

すぐに現金化できる

離婚や相続など、人間が生きていく上ですぐに不動産を現金化したいシーンというのは多く存在します。
そういった時に保有している不動産がなかなか売れないとなると焦りますし、その後の生活にも影響を及ぼす場合があります。
そういった場合は、不動産買取だとすぐに買い取ってもらえるのはもちろん、現金化までのスピードがとても早いので、「すぐに手元に資金が欲しい」という方は助かるのではないでしょうか。

引き渡しまでがスピーディー

売却の際、仲介を選ぶと、買主を見つけるまで販売活動を行ってもらう必要があるので、内覧、売買契約、引き渡しとかなりの時間を要することが考えられます。
また、販売活動をしてもらったにもかかわらず、全く買主となりそうな人が見つからないと言ったケースもありますので、時間も労力もかかってしまいます。
その点、不動産買取では決定するスピードや、そこから売買契約、引き渡しまでの流れも仲介よりスピーディーな場合がほとんどです。

仲介手数料を支払う必要がない

不動産買取の場合は、一般に橋渡しをする仲介とは異なりますので、仲介手数料について考える必要はありません。
仲介手数料は数万円~数十万という、物件価格から考えると微々たるものかもしれませんが、売却には他にもかかる費用がありますので、少しでも節約できるところは節約しておきたいですね。

仲介よりも売却価格が安くなる

一つだけ不動産買取でデメリットを挙げるとしたら、仲介よりも安価で買い取られてしまう可能性があるという点です。
市場価格と比較した際に、7割ほどの価格になってしまうことから、「高く売りたい」という方にはおすすめできません。

不動産買取に適した物件とは?

不動産買取には売主からして魅力的なメリットが存在しますが、具体的にはどのような場合に買取を選ぶべきなのでしょうか。
ここからは買取に適した物件の特徴についてご紹介しますので、当てはまる方はぜひこの方法を選んでみてくださいね。

整形地ではない物件

土地が綺麗な形をしていない場合、市場に出しても買主が簡単に見つからない可能性があります。
物件購入を検討されている方には、長方形や正方形など整った形の土地の方が人気があるようです。

築年数が古い物件

土地+建物といった形で売却する場合、築年数が古ければ古いほど仲介販売が難しくなります。
時代が変わっても「新築」が良いとか、できるだけ築年数が浅い方が良いと考える方は多く、古い住宅は需要が低い現状があります。

立地や環境があまり良くない物件

駅から遠いとか、学校や病院、生活するに必要な施設が周りにないといった場合、こちらも仲介で買主を見つける事が難しい傾向にあります。
やはり、生活するのに便利なところに住みたいという気持ちを持っている方は多く、また環境に関してもシビアな目で見られる方が多いからです。

災害警戒区域に位置する物件

日本では地震や台風など様々な自然災害が猛威をふるっていますが、ハザードマップを確認してから住宅を購入するという方がほとんどです。
ハザードマップで災害警戒区域となっている地域に関しては、要するに「災害があると被害がある可能性」を示唆しています。
よって、災害警戒区域にある地域に関しては買い手が遠のいてしまう可能性が考えられます。

前面道路の幅や接道間口が狭い物件

道路の幅に関しても需要が大きく左右されるでしょう。
前面道路や接道間口が狭いと当然車を出し入れしたり、停車するのが難しいですし、行き違いをする際にも苦労することになります。
道路幅が広い住宅の方が需要が高いですし、特にファミリー層はミニバンなど大きな車を保有している傾向にあるので、よくチェックされる項目です。

条件によっては不動産買取の方がお得

不動産としてあまり条件が良くない物件や需要が低い物件をお持ちの方は、仲介で買主を探すよりも買取の方がてっとり早く確実な方法だと言えます。
早く売却したいという方や、今回ご紹介した条件に当てはまる方はぜひ買取を検討してみてくださいね。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
買取に向いている不動産は具体的にどんな物件?

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 戸建を売りに出したいけれど、土地には借地権が。...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード