不動産売却のコツ2022.04.14

今が売り時?新たな生活様式で別荘の需要が高まる⁈

世の中の情勢とともに、人々の暮らしや住宅への考え方は刻々と変わってきています。
そのような状況となった大きな要因の一つが「新型コロナウイルス」です。
長引くコロナ禍によって仕事への考え方や働き方が変わってきた企業も多く存在し、自宅や別の場所で仕事をするテレワークを積極的に取り入れているケースも見られます。
一方、「資産」として別荘を所有する方もいらっしゃると思いますが、「一般住宅よりも売却しづらい」と認識されている現状があり、売却するにもできないという悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。
そのようなお悩みを抱えている方にとって、現在のコロナ禍は意外にも別荘売却を積極的に進められる後押し要因となるかもしれません。
こちらでは、新たな生活様式と別荘売却のポイントをご紹介します。今後別荘を手放したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

「郊外に自宅を移す人」をターゲットに

例えば、現在都会に住んでおり、コロナ流行前は毎日オフィスに通勤していた方が、コロナ禍によりほぼ完全にテレワークに移行したような場合です。
通勤の必要がなくなったことで都会に住み続ける理由がなくなり、自宅を郊外に移したいと考える方もいるでしょう。そのような客層をターゲットにすれば、売りづらい印象の別荘が売りやすくなる可能性が出てきます。それでは郊外への移住を検討する方々が、どんな所にメリットを感じるのか、どんな特色を打ち出していけばより魅力を感じてもらえるのか、見ていきましょう。

自然を身近に感じられる

別荘地の魅力として一般的にまず挙げられるのが「自然豊か」だという点ではないでしょうか。
人々が行き交う都会では、街中や日常生活で緑を感じることが少なく、地域によっては草花を目にすることもあまりないかもしれません。
しかし別荘地であれば、自然が身近に感じられる住環境の所も多いでしょう。ファミリー層の中には、自然豊かで空気のきれいな郊外で子育てしたいと考える方もいるようです。

安く購入できる可能性がある

都会や街の再開発が行われるような地域では、土地の値段が高く、家を購入するとなると予算の関係で諦めたり、別の場所で妥協するという話も聞かれます。
その点、別荘地は利便性の面などの理由で、一般的に都会よりも安く購入できるというのも大きなメリットと言えるでしょう。
土地の値段が安いと、同じ金額を支払う都会の住宅よりも大きな敷地を手に入れることができるので、広々と使うことが可能です。

広い敷地を確保しやすくゆとりある生活が可能に

郊外では、比較的大きな敷地が手に入りやすいため、都市部ではなかなかできない家庭菜園や、ドッグランなどに活用することも可能です。駐車スペースも確保しやすいため、複数台車を所有している方にもメリットとなるでしょう。

ターゲットに響く別荘の売却方法

ところで、いざ「別荘地などの郊外に移住したい」と思っても、実際には躊躇してしまう方が多いのではないでしょうか。
なぜなら、交通の利便性や、建物の築年数、資金面やランニングコストなど、実際に購入して移住するとなると、考えるべきハードルがいくつもあるためです。
しかし、「郊外や別荘地での生活」に憧れている方は都市部を中心に存在し、ニーズがあるのは確かです。それでは、どうしたら売却しやすくなるのかいくつかポイントをご紹介していきましょう。

インターネット環境を整えておく

現代では日常生活においてもインターネット環境が必要不可欠となっており、スマートフォンもパソコンも持っていないという方は少ないでしょう。テレワーク需要に対応するためにも、インターネット環境は整えておくべきとも言えます。
別荘の多くは自然豊かなところや山奥にあるイメージが強いため、ネット回線や電波が整っていないと売却するのは厳しいかもしれません。
もしまだインターネット回線を引いていないという場合は、売却前に工事を済ませておくことも検討しましょう。

築年数が古い場合は耐震工事や補修を

別荘の中には築年数が古いものも存在するので、そういった場合は耐震工事や補修を行い、購入者が安全に過ごせる環境を作る必要があります。

不動産会社に協力を求める

「何をどのように対策すればいいのか」と迷っている方は、プロに相談するのが一番でしょう。
プロ目線での売却方法や顧客の絞り込みなど、適切なアドバイスをもらえます。

「新たな生活様式」を意識した売却を

職種によってはネットワーク環境さえあればどこでも仕事ができる現代、別荘地に魅力を感じている方は一定数いらっしゃるはずです。
新たな生活様式となった今だからこそ、別荘売却を諦めるのではなく、積極的に売却に踏み切るタイミングではないでしょうか。
別荘を扱っている不動産会社は多く存在しますが、私たちイエステーションでも別荘の売却相談を承りますので、いつでもご相談ください。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
今が売り時?新たな生活様式で別荘の需要が高まる⁈

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 50代のマンション買い替えでリスクを少なくする方法
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード