不動産売却のコツ2021.05.28

少しでも高く買い取ってもらいたい!買取価格が高くなるポイントを解説!

あなたが保有している物件を売却するとなった場合、「できるだけ高く買い取ってもらいたい」と思うのはごく当たり前のことです。
もし高く買い取ってもらえたなら、手元に現金が残るのはもちろんのこと、それを新たな住宅の買い替え資産にすることも可能ですね。
保有物件の買取価格が少しでも高くなるためにはどのような条件が必要なのでしょうか。
こちらで物件価格が高くなるポイントについて詳しくご紹介していきます。

買取価格を少しでも高くするために行うべき行動は?

持っている物件の買取価格を少しでも高くしたいというのがきっと売主の理想だと思います。
しかし、何も対策をせずに不動産会社に全てを任せてしまうと、相場よりも低い価格で買い取られてしまうことも十分に考えられます。
少しでも買取価格を高くするためにはどんな工夫をすれば良いのでしょうか。

不動産会社に丸投げしない

土地、もしくは建物を売却しようと考えている場合、きっと不動産会社に丸投げしてしまう方も少なくないですよね。
不動産会社に丸投げすると確かに楽な一面、相場以下の価格で買い取られてしまったり、仲介であれば、買い手がつかないなんていうことにもなりかねません。
もし買い手がつかないとなると、当然あなたの手元に現金が入ってくることはありませんので、売却が滞ってしまうでしょう。
また、依頼した不動産会社が運悪く悪質な業者だった場合、業者に良いように話を持っていかれる可能性がありますので、十分な注意が必要です。
できれば売却の相談をする前に、自分でおおよその価格相場を調べたり、物件の強みや問題点を分析しておくことが重要です。

最適なタイミングで売却する

「いつ売却しても同じなのではないか」と思っている方も多いと思いますが、実は売却するタイミングによって価格が大きく左右する可能性があります。
適切なタイミングで売却しないと、価格が相場以下になってしまうことも考えられますので、不動産を売却するベストタイミングを知っておきましょう。
ちなみに、一年の中で一番売却に適しているタイミングは、年度末だと言われています。
なぜなら、新年度から転勤や異動が決まる方が多いため、不動産業界では2〜3月が繁忙期だと言われているからです。
このようなタイミングだと、自然と家を探す人が増えるため需要が高まり、高い価格で買い取ってもらえる可能性が高いと言えるでしょう。

内見で印象を良くする

売却を決めた場合、場合によっては居住中に内見を行うことも視野に入れなければなりません。
居住中に内見をすることによって、買主が「どんな風に生活するのか」といったイメージが湧きやすくなるので、自然と購入意欲が高まります。
しかし、ただ家の中を見せるだけではなく、綺麗にしておくのは大前提で、買主に好印象を与えるために様々な工夫をする必要があります。
現に生活している場合は、どうしても生活感が出てしまうのは仕方ないと言えますが、できるだけ隅々まで綺麗にしておくことや、特に汚れが目につきやすい水回りの掃除を徹底することで、視覚的に印象を良くすることができます。
もし汚れがひどい場合や、築年数が経っている場合には、一度、気になる箇所だけでもハウスクリーニングを行うのも良いかもしれません。
また、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの方が衛生面で過敏になっている現状があります。
居住中に内見を行う際にはマスクの着用やアルコール消毒液の設置、定期的な換気など感染症対策を徹底しておくと安心してもらえます。

買取価格が低いことが分かっている場合

自分で相場を調べたり、周辺の物件と照らし合わせた際に保有している物件の価値が低いと分かったら、売却は難しいのでしょうか。
実はそんな状況でも売却をすることは可能ですので、以下の点に着目して売却を諦めないでくださいね。

不動産買取を依頼する

一般的に見てあまり需要がない物件である場合、どうしても売却をするのが難しいといった感覚になると思います。
売却時に不動産会社に仲介を依頼をすると、確かに買主がなかなか見つからないとか、その結果、価格を下げなくてはならず、相場よりも安い価格で買い取られてしまう可能性があります。
しかし、仲介ではなく不動産会社に物件を直接買い取ってもらった場合は、仲介のように「いつ売れるか分からない」といった不安を抱える必要はありませんし、即時に現金化できます。
すぐに売りたいとか、少しでも高く売りたいと考えている方は、確実性のある不動産買取を選ぶことをおすすめします。

条件が悪い物件専門の不動産を探す

どの不動産も「条件が良い物件を探しているのではないか」と思われているかもしれませんが、実は条件が悪い物件を得意とする不動産会社も存在します。
どんな業者にも得意分野、不得意分野がありますので、あなたが「売却するのは難しい」と感じている物件でも、案外そのような業者であれば喜んで買い取ってくれる可能性があります。

不動産会社に全てを丸投げする前に

保有物件を売却する際には、自分が持っている物件の価値をまずは調べる必要があります。
なぜなら、相場よりも低い価格を不動産会社に提示された際には、その理由を追求することができるからです。
そして、何よりも信頼できる不動産会社に依頼することが、売却成功への第一歩だと言えるでしょう。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
少しでも高く買い取ってもらいたい!買取価格が高くなるポイントを解説!

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 不動産売却の決済の流れは?売主がすべきことや必...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード