相続や名義のこと2021.05.11

家を相続したら、売るのか住むのか?メリットデメリットを解説

相続により親や親族の家を譲り受けたという場合、その後どうしたら良いか分からないといった方も少なくありません。
特に築年数が古い場合や、立地が良くない場合は維持費もかかることを考えると、いっそのこと売却してしまった方が良いのでは?と思われる方も多いでしょう。
相続で譲り受けた物件は売るべきか、住むべきか、はたまた別の活用方法があるのか、詳しくご紹介します。

売却をするとどうなる?

現在家を持っているなどで、特にその家に住む必要がない、もしくは手放したいと考える方も案外多いものです。
現在の生活を変えてまで譲り受けた家に住むことは現実的に難しいですし、リノベーション費用や引っ越し費用など様々なコストがかかってきます。
よって、思い切って売却しようと考えた場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

家を売却するメリット

住宅を持っているだけでも固定資産税や光熱費などがかかるため、維持費として数万円〜数十万円の支出になってしまいます。
また、誰も住んでいない空き家状態の家を放置しておくことによって「特定空き家」という状態に指定されてしまい、場合によっては科料や指示の対象になることがあります。
売却をするとそういった心配がなくなり、維持費や税金からも開放されます。
空き家を放置していると近隣住民からクレームが来たり、不審火や放火を誘発してしまう危険性も考えられます。
また、相続時に売却した金額を相続権のある人全員で平等に分けることによって、相続トラブルを防ぐことができます。

家を売却するデメリット

家を売却すると、当然実物がなくなってしまうため、将来的に資金として考えることができなくなります。
また、場合によっては売却価格が相場を下回ってしまったり、買い手がすぐに見つからないことも想定されます。
将来的に賃貸物件として人に貸そうと考えている方もいらっしゃると思いますので、立地が良かったり、需要が高そうな物件だと判断した場合は売却しない方が良いかもしれません。

住むとどうなる?

もし譲り受けた住宅に住むとなると、将来的に資金源として考えられるのはもちろん、ちょうど住み替えを考えていた場合などはメリットの方が大きく感じられるかもしれませんね。
住宅を売却せずに自分で住む場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

家に住むメリット

家に住んだ場合、単純に空き家状態にならないため、近隣住民からの苦情の心配がなく、防犯面でも安心です。
空き家が一つでもあると、その地域の治安が一気に悪くなってしまいますので、そういったことを考えるのであれば、住んで治安を維持する方が断然良いと言えるでしょう。
現在住んでいる家よりも立地や間取りが良い場合や、築年数が浅い、リノベーションをしたてといった場合には、今よりも綺麗で広い家に住めるメリットもあります。
もし、家族が住宅ローンを完済していれば、実質無料で住宅を手に入れたも同然ですね。
思い入れのある実家等に住むことで、家族との思い出と共に暮らすことができます。

家に住むデメリット

相続で住宅を譲り受けた場合は、登記や相続手続き、税務署への申請なども必要となるため、通常の住宅購入よりも面倒な手順を踏まなくてはなりません。
また、地域の公示価格の下落により、資産価値が大きく変動してしまう可能性も視野に入れる必要があります。
将来的に賃貸に出そうと考えている方は、現在考えられる賃料よりも、ぐんと下げて貸さなければならない可能性を危惧しておく必要があります。
また、住宅を譲り受け、維持することによって、相続税や固定資産税を支払わなければならないので、通常の住宅購入よりも高い固定費がかかる可能性があります。
もし築年数が古いなどであれば、安心して住めるように補修やリノベーションも必要となりますので、それらの費用も考えておかなければなりません。

控除を活用して節税しよう

物件を相続すると相続税の対象となりますが、この金額が数十万円から数百万円と非常に高いのです。
しかし、相続税を節税するための控除や特例が用意されていますので、それらを活用すると少し負担が少なくなります。
相続税の基礎控除として3000万円+法定相続人の人数×600万円が適用できますので、こちらを活用しましょう。
また、相続してから5年を超えた段階で売却すると、長期譲渡所得の特例を利用できるので、すぐに売却するのではなくワンクッション置いて売却に踏み切ると良いでしょう。

相続した家は売却した方が安心

相続した物件が相当立地が良かったり、需要のある間取りである場合は、一時的にあなたがその家に住んで将来的に賃貸に出すというのも、確かに一つの方法です。
しかし、住宅を維持するには固定資産税をはじめ、様々な費用がかかるため、思い切って売却してしまった方が様々な問題から開放される可能性があります。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
家を相続したら、売るのか住むのか?メリットデメリットを解説

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 媒介契約は結ばないといけないのか?口頭での契約...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード