不動産売却の基礎知識2020.07.18

一戸建ての中古住宅を高値で売却するコツ

一戸建てを手放す場合、少しでも高値で売却したいと思いますよね。

そこで今回は、高額査定を引き出すためのコツや注意点をご紹介します。

納得のいく価格でスムーズに売却できるかどうかは、事前の準備がポイントです。

 

1.設計図面など資料を整理する

まずは家の性能の根拠となる設計図面など、建物に関する資料を用意しておきましょう。

 

新築当時の設計図のほか、リフォームをした場合はその図面や見積書・請求書など、工事の履歴がわかる資料を揃えることで、建物の査定がスムーズになります。

 

長期優良住宅仕様や断熱性能が高い家など、内容によっては査定価格がアップする可能性もあります。

 

2.構造で重要な部分は事前に修繕を

建物の劣化状況を把握しておくことも大切です。

 

売却後に、雨漏りや構造上重要な木部の腐食、シロアリの発生、給排水の不具合といった瑕疵(欠陥や不具合)が発覚すると、売主が責任を負う「瑕疵担保責任」を問われ、修繕費用を請求されるケースがあるためです。

 

そのため瑕疵があることを認識している場合は、売却前にあらかじめ修繕しておくことをおすすめします。

 

3.物件の見栄えも大切な要素

物件の見栄えにも気を使いましょう。

一戸建ての購入を検討している方は、まず最初に外回りを見ます。「とりあえず外だけ下見する」という方も多いので、ここで好印象が得られれば、問い合わせが増えることにもつながります。

「中古物件だからキレイにしても仕方ない」と思わず、売買のチャンスを逃さぬよう、外回りも室内も常に整理整頓しておくことを心がけてください。

4.売却の際に注意すべき4つのポイント

一戸建ての売却には、大きく分けて4つの注意点があります。

  • 築年数やリフォーム履歴が不明

図面や申請書類、リフォーム履歴がわかる資料を、できるだけ揃えましょう。

書類がない場合は、法務局で不動産登記簿を取得すれば判明することもあります。

 

  • 設計図がなく、構造体や耐震性が不明

設計図面は、建物の構造や耐震性能、仕様などを証明するものです。

査定する際の補足資料になるため、できるだけ準備しておきましょう。

  • 現状の劣化状況が把握できていない

壁の内部や屋根など、見えていない部分の劣化が、売却後に補償問題に発展することがあります。これを避けるには、プロに調査してもらうという選択肢もあります。

 

  • 境界や所有権でトラブルがある

ブロック塀が境界の内か外かといったトラブルがあったり、相続について兄弟間で揉めている場合は、売却準備の前に解決しておきましょう。

 

5.業者選びは慎重に

一戸建てを売却するには、信頼できる業者選定も大切です。

 

そのためには1社に絞らず、必ず複数の査定会社に依頼すること。

査定額だけでなく、親身に相談に乗ってくれるか、良いアドバイスがもらえるかなどを見極めるようにしましょう。

 

また、不動産会社によって得意分野は異なります。業者選びの際は、地元の情報に詳しく、戸建ての売買を多く扱っている会社に相談するのもポイントです。

戸建てに強い業者の多くは、査定のポイントや相場をしっかり把握しているので、適切なアドバイスや対応が期待できるでしょう。

 

 

まとめ

一戸建ての中古住宅を高値で売却するためには、あらかじめ築年数や住宅性能、劣化状況などを把握しておくことが肝心です。

その上で信頼できる業者を選ぶことが、スムーズな売却の近道になります。

査定や売却に関するご相談がありましたら、ぜひイエステーションまでお気軽にお問い合わせください。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
  • 戸建て住宅の売却相場と査定額をチェックする方法
不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード