不動産に関する手続き2021.11.22

買ったばかりの家を損せずに売却する方法はある?〜その1

「家を買って間もないけれど売りたい」と考える人は、意外と少なくありません。建売やモデルルームを見て気に入ったものの、いざ住んでみると思ったより部屋が狭かったり、ご近所に問題があったり、あるいは仕事や家族の問題が浮上したりと、理由はさまざまです。

どうせ売るならできるだけ購入時と変わらない金額で売りたいものですが、残念ながらそうはいきません。現状、新築マンションや新築一戸建ての場合はほとんどのケースで損してしまいます。この理由には、「新品の方が価値が高い」と感じる国民性が関係しています。

とはいえ時間が経つと、さらに価値は下がっていきます。損を最小限にするには、売ると決めたらすぐに売り出すこと。今回は、買ったばかりの家を売却する際、できる限り損しないための方法をわかりやすく解説していきます。

買ったばかりの家を売ると基本的には損をする

新築したばかりの一戸建てや買ったばかりの新築マンション。すぐに売れば、購入時と同じ価格で売却できそうなイメージがあるかもしれません。しかし結論から言うと、新築の売却の多くは基本的に損をしてしまいます。

なぜなら、新築は一度誰かが入居すると「中古」扱いとなり、価値が一気に下がってしまうからです。

一戸建て注文住宅の場合は施主の希望を反映して設計され、床や壁の材質からドアや窓など、いろいろ選んで価格が高くなっているはず。このようなこだわりは本人にとって価値あるものでも、市場では無価値か、むしろマイナスになるケースもあります。

個人の趣味嗜好は誰にでも当てはまるものではありません。こだわりを反映した分、新築費用は高くなりますが、そのこだわりのほとんどは売却の段階で評価されないのです。

マンションの場合はどうでしょう。一戸建てほどではないものの、やはり人が一度入居することで価値が下がります。新築マンションの価格には、純粋な物件価格に加え、建てたディベロッパー(開発会社)や販売会社の手数料や利益、広告宣伝料が上乗せされています。つまり、そもそも新築は物件の価値以上に高額になっているのです。

このように新築物件には、“新築プレミアム”が価格に大きな影響を与えています。新築プレミアムとは、「新築独自の価値」のこと。日本人は「新品であること」に価値を感じるため、新築物件では、純粋な物件価格に「新築独自の価値」が加算されています。

一般的に新築プレミアムの相場は、物件価格の1~3割程度。つまり、誰かが住んで新築ではなくなった瞬間、約1~3割の余計な加算分の価値が消滅して、物件本来の価値だけになるわけです。そのため買ったばかりの家をすぐに売る場合でも価格は大幅に安くなり、損してしまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし中には、買ったばかりの家を売却しても損しないケースもあります。次回は、どのような場合だと損をしないのか詳しく説明していきましょう。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
買ったばかりの家を損せずに売却する方法はある?〜その1

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • 買ったばかりの家を損せずに売却する方法はある?...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード