Vol.556美唄店

住み替えを行い、実家が空き家になったので売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:I・R 様
■年代:80代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:岩見沢市
■ご相談の地域:岩見沢市8条西
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】
実家に母親が居住していたのですが同居をすることになり、住み替えを行いました。そのため実家が空き家になってしまい、そろそろ冬になるので出来るだけ早めに家を売却したいと考えています。建物はずいぶん古いのですが、そのままでも売却できるのでしょうか。

【ご提案した解決策】
依頼人は物件に居住していた売主様のお嬢様でした。
今回売却を希望されている物件は建物の築年数が古く、中古戸建としての需要は低いように思われました。しかし近隣の状況や利便性を考慮すると、新築用地としての需要は高い地域だったので、建物を解体し土地として売却する方法をご提案させていただきました。
まず物件の査定を行い、販売する際の価格を算出しました。販売価格の目途が付いた後に、建物解体に必要な作業工程を整理し、それに伴う概算費用を見積もりました。査定価格と解体に関わる概算費用を合わせてご説明し、販売価格の設定について売主様と相談しながら慎重に話を詰めていきました。打合せを重ねたのち、お客様にもご納得いただける条件が決まりましたので、現在販売に向けた準備を行っています。

【担当営業として大切にした要点】
物件については築年数が古かったことと土地としての需要が高い地域だったので、建物を解体し土地として売却する方法をご提案しようと思いました。建物を解体し土地として売却する方法をご提案しようと思いました。建物を解体し売却する際は作業工程が複数あり、費用もその分発生するので、その点をご理解いただけるように提案することを心掛けました。

著者
住み替えを行い、実家が空き家になったので売却したい。

美唄店 前平 竜斗前職はまったく畑違いの仕事をしていましたが思い切ってこの業界に飛び込んで現在に至ります。住宅、不動産の売買はお客様の人生に深く関われる重要な仕事であり、責任と共に喜びも大きいなと感じています。 地域の不動産の購入・売却のご相談は是非北章宅建にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親との同居により、岩内町の実家が空き家となった...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード