Vol.226美唄店

賃貸中不動産の処分を検討。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:H・G 様
■年代:60代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:美唄市
■ご相談の地域:美唄市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】
10年以上前から賃貸で貸している不動産を所有している。
自身も高齢になり今後の管理や子供たちに残すことを考えると処分も検討しているが、貸したままの状況でも売買できるか分からない。

【ご提案した解決策】
まず賃貸中のまま売却は可能である事をご説明させて頂きました。(このような物件はオーナーチェンジ物件として売却します)
その場合、査定方法が空家の場合と異なり収益物件としての査定方法で算出致します。勿論入居中のお客様にはそのままお住まい頂いて売却が出来ることをお伝えし、ご納得頂く事が出来ました。

【担当営業として大切にした要点】
一般的に不動産の売買は空家にしなくてはいけないとお考えのお客様もいらっしゃいますが、今回のように賃貸中でもそのまま売却できることや査定の方法、賃貸相場を勘案した市場動向について詳しくご説明し、ご理解頂く事に注力致しました。

著者
賃貸中不動産の処分を検討。

美唄店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 妹が入院しており戻ることがなくなったマンション...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード