Vol.474美唄店

親から相続した土地を長年放置しているので売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:K・M 様
■年代:60代
■ご職業:自営業

■お住まいの地域:美唄市
■ご相談の地域:美唄市東5条
■売却理由:相続
■お問合せ方法:飛び込み来店

【ご相談内容】
親から相続した土地を長年放置しています。自身の年齢も考えると元気な内に処分した方が良いと考え、不動産売却の相談をお願いしたく思います。不動産売却の経験が無く土地についても解らないことがあるので、売却に関する手順や注意点も併せてお伺いしたいです。

【ご提案した解決策】
売却希望の土地について調査した結果、現状大きな問題等はありませんでしたが、過去に土地を担保として融資を受けていた際に設定された抵当権が付いたままになっていることが判明しました。融資の返済については完了していたので抵当権の抹消についてご説明し、併せて土地の査定・販売価格の設定についてもご提案させていただきました。売主様ご自身も知らなかった事実が判明し驚かれていましたが、説明を受けることで安心したご様子でした。
親族から相続した不動産については売主様ご本人も知らないことが多いケースが存在します。当社では不動産の売却に関するご相談と併せて不動産の概要を調査し、気になる点がある場合はご報告のうえ対処の方法についてもご提案させていただきます。

【担当営業として大切にした要点】
今回ご依頼を頂いた不動産は更地でした。ご両親から相続した後に現地の草刈りをしていた程度で、土地の概要については売主様ご自身も解らないことが多い状態でした。土地に関する概要を明確にし、売却についての流れを一から細かくご説明することを心掛けました。

著者
親から相続した土地を長年放置しているので売却したい。

美唄店 前平 竜斗前職はまったく畑違いの仕事をしていましたが思い切ってこの業界に飛び込んで現在に至ります。住宅、不動産の売買はお客様の人生に深く関われる重要な仕事であり、責任と共に喜びも大きいなと感じています。 地域の不動産の購入・売却のご相談は是非北章宅建にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • まだ相続登記をしていない不動産を処分したい。
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード