Vol.493石狩店

高齢になり娘と同居することになったため、現在の自宅を処分したい。

当社にて直接買取

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:A・T様
■年代:80代
■ご職業:年金受給者
■お住まいの地域:石狩市花川
■ご相談の地域:石狩市花川
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
築40年くらい経っている木造住宅に住んでいます。これから娘と同居することが決まっているので、この家の処分をお願いしたいです。近所の目もあるし、なるべく手間をかけたくないので、買取でお願いしたほうがいいのかと考えています。お手伝いをお願いできますでしょうか。

【ご提案した解決策】
高齢でお一人住まいが大変になってきたので、お嬢様と同居することになったそうです。当初から買取のご意向を伺っていましたが、まずはご自宅の内外を確認させていただき査定を行いました。
その後、お嬢様にもお立会いいただき、「仲介での販売」と「弊社買取での売却」、両方でご提案しました。金額や条件をご検討いただいた結果、やはり買取で進めてほしいという回答でしたので、弊社で現状のまま引き取りました。
引き取ったお住まいは、近々に取り壊しが必要なほど傷んではいませんでした。そこで次に購入される方の選択肢を広げるために「古家付き土地」として、建物を残したまま販売することとなりました。また弊社では、買い取った住宅を賃貸として運用することもあります。もし他社様で断られてしまった場合でも、お気軽にご相談ください。

【担当営業として大切にした要点】
建物が築40年を超えていたこともあり、住宅内外の荷物片付けや建物の解体など、販売から契約等の日数や手間を考慮すると、買取も選択肢のひとつと考えご提案しました。また売主様や代理人様の状況から日数を要さず、手間もかけないように対応をさせていただきました。

著者
高齢になり娘と同居することになったため、現在の自宅を処分したい。

石狩店 古木 篤広過去の経験や知識を活かして、お客様のお悩みや不安を解消する、最善と思われるご提案をさせていただきます。 お住替えや不動産売却などのお取引を通じて皆様のお役に立てるよう頑張ります。 不動産に関するご相談お待ちしております。

この担当者がいる店舗のページ
  • 父が住んでいた家の売却について相談したい。
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定