Vol.334石狩店

相続した花川の住宅をなるべくスムーズに処分したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:K・S様
■年代:60代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:石狩市
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ご紹介
 
【ご相談内容】
親が亡くなり、不動産を相続しました。これから相続の手続き等もいろいろあるし、自分自身も仕事の関係であまり時間を作れません。また不動産も花川の物件だけではなく他にもいくつか所有しており使用しないので、スムーズに処分してほしいです。
 
【ご提案した解決策】

仲介での売却方法と併せて弊社での買取をご提案しました。物件は築50年近く経っており、住宅内にも家財道具がたくさんある状況でした。
 その為、土地と中古住宅の両面販売を行い成約までの期間を考慮すると、どうしてもある程度の期間を要すると思われました。今回は売主様があまり時間を取れずスムーズに処分したいというご意向でしたので、弊社での現状買取の方が手っ取り早く確実に売却できるという事をご説明しました。

 
【担当営業として大切にした要点】
今回の物件の状況ですと、一般的には住宅を解体して土地として成約になる可能性が高いように感じられました。ですが、それには一定の時間がかかります。今回は売主様があまり時間を取れない事を考慮し、買取の方が適していると思いご提案させていただきました。

著者
相続した花川の住宅をなるべくスムーズに処分したい。

石狩店 古木 篤広過去の経験や知識を活かして、お客様のお悩みや不安を解消する、最善と思われるご提案をさせていただきます。 お住替えや不動産売却などのお取引を通じて皆様のお役に立てるよう頑張ります。 不動産に関するご相談お待ちしております。

この担当者がいる店舗のページ
  • 過去に新築用地として購入した遊休地の処分について
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード