Vol.335後志店

過去に新築用地として購入した遊休地の処分について

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S・T 様
■年代:70代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:岩内町東山
■ご相談の地域:岩内町野束
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:チラシ
 
【ご相談内容】
昔、自宅を建てるために新築用地として購入。5年程前に一度査定依頼を頂いておりましたが、その際の査定額が安かったため、売却保留。この度、再度お問合せを頂き、やはり処分してしまいたいとのことで、売却のご依頼を受けました。
 
【ご提案した解決策】

売り出し価格を安めに設定し、早期売却を目標に仲介販売していく方向性でご提案致しました。
バブル期や土地神話の時代を体験されているお客様の中には、地方の土地価格の下落、過疎化、人口減少等の現実を中々受け入れて頂きにくい方もいらっしゃいます。
ですが昔購入した価格より、現在価格や相場が下落しているという事は、往々にしてございますので、まずは率直に現実をお伝えした上で、お客様のご希望価格での売り出しも可能という点もお伝えしつつ、ご提案を行っております。

 
【担当営業として大切にした要点】

「現状維持は後退するばかり」は、当社加盟のフランチャイズ「イエステーション」の方針の一つですが、過去の好景気は永遠には続きませんし、形あるもの、いつかはなくなります。
ご相談者様に対しては、年間の維持費(固定資産税や火災保険料)もお伝えした上、中長期的な目線で、不動産を保持する事が果たして本当にメリットになるか等の点も踏まえ、ご提案活動を行っております。
著者
過去に新築用地として購入した遊休地の処分について

後志店 梅津 大樹小樽生まれ、小樽育ちです。 自身で不動産購入と売却を行った経験もあり、売りタイ方・買いタイ方のお気持ちに寄り添ったご提案をできればと思い、日々活動しております。今後はより一層地域に密着して活動して参ります。 不動産のお困り事は、私、梅津にお任せ下さい。

この担当者がいる店舗のページ
  • 離婚予定につき、住宅ローン返済中の自宅を売却し...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード