Vol.1014札幌北店

当別の自宅について販売依頼していた会社が倒産したが、販売を続けたい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:H・S 様
■年代:50代
■ご職業:会社員
■お住まいの地域:当別町
■ご相談の地域:当別町
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:インターネット

【ご相談内容】
半年ほど前に、知り合いの不動産会社に自宅の売却を依頼し、広告を頼んでいましたが、何の知らせもなく倒産していることがわかりました。半年近く前に倒産していたらしく、その期間広告も掲載されていなかったようです。もしかしたら最初から広告されていなかったかもしれません。このような状況ですが、販売をお願いすることは可能ですか?家は平成初期に建てられた、JR駅にそこそこ近い戸建です。冬場の雪が大変なので、札幌の賃貸に引越したいと思っています。

【ご提案した解決策】
以前されていた不動産広告(媒介)の契約内容を確認しましたところ、媒介契約はすでに有効期間が過ぎている状況でした。広告を委託する契約(今回の場合は、専任媒介契約)の有効期間は3ヶ月となっており、3ヶ月を過ぎた場合、契約を終了するか売主の申し出により更新するかたちとなります。売主様は特段、更新の申し出をしていなかったとのことでした。当社では、買取と仲介を行っていますが、前回に引き続き、手残りが多い仲介での販売を希望されていましたので、当社にて媒介契約を結び販売活動を行う運びとなりました。広告後ほどなくして購入希望者様が現れ、無事ご契約。札幌の賃貸へのお引越しが叶いました。

【担当営業として大切にした要点】
専任媒介契約を締結している場合、契約した1社のみを窓口とすることが条件となります。そのため他社とも契約し他社で成約してしまうと、専任媒介契約を締結した不動産会社から、仲介手数料並みの違約金やそれまでにかかった広告費等を請求される可能性があります。契約内容の確認が重要です。

著者
当別の自宅について販売依頼していた会社が倒産したが、販売を続けたい。

石狩店 蛸星 香奈実日々、お客様とのふれあいを通じて、新たな発見ができることを楽しみながら仕事をしています。 ご売却、ご購入に限らず、お住まいでお悩みのことがありましたら何でもご相談ください。 過去の経験や知識を活かし、お客様の希望をかなえられるよう、より良い提案をさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 余市の家を貸家にしていたが、入居者の方が退居し...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定