Vol.1013小樽店

小樽に所有する家を貸していたが、退去したので売却について相談したい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:I・O 様
■年代:70代
■ご職業:パート・アルバイト
■お住まいの地域:小樽市東部
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
元々は自分が住んでいた家ですが、別のところに新築してからは、賃貸していました。この度は入居者さんが退去することになったので、そろそろ自分の年齢なども考えて処分しようと思い、査定していただく運びとなりました。駐車場が無いので、そこがネックになるように感じます。もう管理をしていくのも大変なので、出来れば買い取って欲しいのが本音です。古いので難しいかもしれませんが、何か良い方法があればと思って相談しました。

【ご提案した解決策】
仲介での販売をお勧めしました。売主様は当初買取を希望していましたが、早く処分したいというところが大きな要因だったので、早期成約を目指せる価格設定をしていただき、販売活動することをお勧めしました。買取ももちろんできるのですが、対象不動産は駅が徒歩圏にあるなど好条件で、仲介で売り出したとしても早期成約が可能と判断しました。また設定価格で成約になれば、売主様のお手元に残る金額も圧倒的に仲介の方が多くなるので、そのようにご提案させていただきました。売り出し当初は売主様も「買取の方が・・・」と不安そうでしたが、すぐに買主様が見つかり、ご契約までスムーズに進んだため安心されていました。

【担当営業として大切にした要点】
どのように売るとメリットがあるか考えるようにしています。今回は買取を希望されていたため当社が買い取るのが通常の流れでしたが、地域の流通性や物件の特徴などから、仲介販売でも早期成約できると思いました。結果、買取よりも高く売れ、売主様にも喜んでいただき、早期成約でき私も安心しました。

著者
小樽に所有する家を貸していたが、退去したので売却について相談したい。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 当別の自宅について販売依頼していた会社が倒産し...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定