Vol.484岩見沢店

父が住んでいた岩見沢の実家について、売却を検討中。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:T・E様
■年代:50代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:美唄市
■ご相談の地域:岩見沢市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
父が住んでいた岩見沢市の家が三年ほど前から空き家になっており、売却を検討しています。
いくら位で売れるのか、また荷物が残っている状態でも良いのか等、色々と聞きたいです。また自分では何をすれば良いのか分からないので相談したいと思います。以前近所に住んでいた人が御社のお世話になったと聞いたので、ご連絡しました。

【ご提案した解決策】
まずはお電話で売却の方法についてご説明させていただいた上で、現地訪問査定を行いました。
ご相談者様にお話を伺うと、ご自身も働いているため中々片付けが進まず、冬場の雪の管理も大変になってきたため、雪が降る前に売却したいとのことでした。そこで私のほうからも、空き家で冬を越すと思いがけない損傷が発生してしまい、査定額に影響を及ぼす可能性があることをお伝え致しました。その日は拝見した現地の状況や伺った内容をいったん持ち帰り、査定価格を算出しました。
後日、仲介価格と買取価格の両方を記載した査定書を持参し、ご相談者様の元へ向かいました。そこで、二パターンの価格とともに条件面での違いをご説明しました。結果、片付け不要で売却のスケジュール管理がしやすい買取をお選びいただきました。

【担当営業として大切にした要点】
お客様の不安やお悩み事がどうすれば解決するかに焦点を当て、安心いただける説明方法を考えました。その一つとして、過去の実例などを交えながらお話しすることで不安要素を払拭し、最善のご提案が出来るよう心がけました。

著者
父が住んでいた岩見沢の実家について、売却を検討中。

岩見沢店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 兄が住んでいた家があるが、使用しなくなったので...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード