Vol.821岩内店

行くことも少なくなったので、別荘のコテージを売却したい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:T・N様
■年代:60代
■ご職業:無職
■お住まいの地域:小樽市
■ご相談の地域:真狩村
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
平成5年に土地を購入し、その3年後に別荘を建てました。昔は羊蹄山を登山しに行くなど子供や孫を連れてよく泊まっていたのですが、年を重ね別荘に行くことも少なくなりました。寂しくもありますが、そろそろ売却しようかと考えております。しかし、売るとしてもいくらくらいで売れる物なのか全く見当もつきません。そこで以前、親族がお世話になったイエステーションさんにお願いできないだろうかと思い、連絡してみました。

【ご提案した解決策】
ご依頼の不動産は羊蹄山の麓に位置し、ニセコ連山にもアクセス良好な別荘地の一角にありました。周りに住宅が建ち並ぶエリアとはことなり類似の売却事例も少ない中、不動産会社としての情報力を駆使し近隣の事例を調査、ある一定の根拠ある査定書を作成しました。
そして売主様の打ち合わせを重ね、お問い合わせの来やすい価格で売り出す方針に決まりました。売別荘として全国へ向けて販売することで、興味をもっていただけるお客様を見つける事が出来ました。
不動産の流通が少ない地域でも売買を希望される方はいらっしゃいます。そういった場所でのご相談でも、当社では可能な限り情報を集め、売買成立へ向けて活動いたします。

【担当営業として大切にした要点】
今回の物件がある地域は羊蹄山、ニセコと自然を堪能できるスポットとして世界的にも人気のエリアでした。ただニセコのリゾート地からは少し離れているため、比較的リーズナブルな金額に設定し、幅広くお買い求めやすい売り出し価格で全国に募集をかけたことです。

著者
行くことも少なくなったので、別荘のコテージを売却したい。

岩内店 小林 康之不動産業に携わる者として公正で安全な取引を心がけ、お客様の立場に立って最善の方法をご提案いたします。 一緒に住まいの華を咲かせましょう。

この担当者がいる店舗のページ
  • 小樽に行くことも少なくなったので家を処分したい。
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定