Vol.261小樽店

物件を相続したが使用する予定がない為売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:O.T 様
■年代:60代
■ご職業:その他

■お住まいの地域:小樽市
■ご相談の地域:小樽市北部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】

昨年親が亡くなり、親の家をどうしたらいいのか、また管理が出来ないので手放せれば思っております。一周忌までは売却したくないのですが、一周忌が終わり次第冬が来る前に家を手放せればと思います。

 

【ご提案した解決策】

売主様はお仕事をされていてなかなかご実家に行く機会がなく、荷物の整理や冬の除雪などの心配をされておりました。また、時期的な要望としてお母さまの一周忌が終わるまでは手放したくないというご相談を受けましたので、弊社での買取をご提案しました。買取のメリットとして「売主様のタイミングに合わせてご所有の物件を現金化できる点」「不要なお荷物はすべて残して頂いて構わない点」をお伝えし、売主様に極力ご負担のかからないようなご提案をさせて頂きました。

 

【担当営業として大切にした要点】

ご相続した不動産をどうしていいかわからないというお問い合わせが非常に多く、お客様の状況にもそれぞれ個別性があるため、お客様の状況に合わせてどうしていくことがベストか様々な選択肢をご提案させて頂いております。

著者
物件を相続したが使用する予定がない為売却したい。

小樽店 枝久保 良太平成27年4月より入社致しました。日々勉強して一生懸命頑張らせていただきます。 父母が小樽市内で商売を行っており、昔からこの街には馴染みがあります。2017年に地元に住宅を購入し、よりお客様の気持ちに寄り添いたいと改めて思います。小樽は海と山が近くにあり、自然が多い所が魅力です。 大学時代はサッカーをやっており、冬はスキーを楽しんでいました。これからも休日などに続けていけたらなと思っています。 北章宅建株式会社をこれからも宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 新型コロナウィルスがある程度終息したら札幌に住...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード