Vol.262岩見沢店

新型コロナウィルスがある程度終息したら札幌に住み替えたい

【お客様の背景】

■売買の別:売却
■氏名:K・S様
■年代:60代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:留萌市
■ご相談の地域:留萌市
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:ネット

 

【ご相談内容】

仕事も定年退職になり持病から定期的に札幌の病院に通っているのですが、移動距離も遠く体力的につらいので住み替えを検討しています。
現在、新型コロナウィルスが蔓延しておりすぐに住み替える事は難しいのですが、可能なら今年の冬前には転居したいと考えています。
その場合、冬場の管理も出来なくなるので空き家にしておく訳にはいかないのですが、何か良い方法はないでしょうか。

 

【ご提案した解決策】

昨今の新型コロナウィルス蔓延に伴い、お住み替えをしたくても出来ないお客様が多くいらっしゃいます。
今回のお客様は冬前にはお引越しをしたいが状況によって出来ない場合もある為、お引渡し日が明確ではありませんでした。お引渡し日が明確でない場合、一般のお客様を募集する仲介販売では売却の際にトラブルになる可能性がある為、今回は状況次第ですぐに売却が可能な買取を提案させて頂きました。
買取の場合は引き渡しの希望日が決まればその日に合わせた売却が可能です。また今回の様な将来的に売却したい場合でも金額をご掲示できます。
将来的なお話でも構いません。まずは一度ご相談下さい。

 

【担当営業として大切にした要点】

今回のお客様の様に通院等の関係から札幌へお住み替えを検討されるお客様は数多くいらっしゃいます。
大半のお客様が転居後空き家にしておく事のリスクを懸念されている為、即現金化の可能な買取をご提案させて頂き、時期が来たらいつでも転居が出来る状態を作りご安心して頂く事を意識しました。
著者
新型コロナウィルスがある程度終息したら札幌に住み替えたい

岩見沢店 赤井 圭一出会うお客様は一人一人違う想いを持っていらっしゃると思います。それぞれのお客様に共感し、最後には「任せて良かった」とご納得していただける様日々取り組んで参ります。 空知エリアの不動産に関する事は私にお任せください。

この担当者がいる店舗のページ
  • 体調を崩して今まで住んでいた家に戻れないので処...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード