Vol.478小樽店

サ高住への入居が決まったので、今の自宅をできるだけ早く手放したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y.O様
■年代:70代
■ご職業:無職

■お住まいの地域:小樽市北部
■ご相談の地域:小樽市北部
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:チラシ

【ご相談内容】
現在一人暮らしをしていますが、除雪が大変になり、サービス付き高齢者住宅へ引っ越すことになりました。その後、今住んでいる家をどうしようか困っています。
空き家にしておいても冬期間の雪の管理はできませんし、建物を解体するとしても費用がとても高額になると思うので、どうしたらいいか相談に乗ってもらえないでしょうか。

【ご提案した解決策】
できるだけ早くご自宅を手放したいというご意向を伺っていたので、弊社の買取をご提案しました。時間や手間が最小限である点をご説明すると、買取で即決されました。お住み替えにあたって心配事をなくしてから転居したいとのご要望があったため、お引越しの時期に合わせてご自宅の売買契約を結び、建物内に残った荷物ごと引き取りました。
もちろん仲介でもご提案しましたが、仲介の場合は広告して売りに出し買ってくれる方を探すため、売却時期を事前に確定することができません。そのため、販売が仮に長引けば冬までかかる可能性なども考慮すると、仲介では不安が残るとのことで、買取の方により魅力を感じていただけたようです。
最後に鍵をいただく際には、これで心配なく新しいところでの生活が始められると安堵の表情でおっしゃっていました。

【担当営業として大切にした要点】
売主様はお住み替え先がすでに決まっていることもあり、ご自宅をできるだけ早く手放したいと言われていました。そのご希望に沿うご提案をするとともに、スムーズに進めるよう心がけました。

著者
サ高住への入居が決まったので、今の自宅をできるだけ早く手放したい。

小樽店 枝久保 良太平成27年4月より入社致しました。日々勉強して一生懸命頑張らせていただきます。 父母が小樽市内で商売を行っており、昔からこの街には馴染みがあります。2017年に地元に住宅を購入し、よりお客様の気持ちに寄り添いたいと改めて思います。小樽は海と山が近くにあり、自然が多い所が魅力です。 大学時代はサッカーをやっており、冬はスキーを楽しんでいました。これからも休日などに続けていけたらなと思っています。 北章宅建株式会社をこれからも宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続したご実家の売却相談、初めてなので基本的な...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード