Vol.814小樽店

数年前に購入した不動産、売るとしたらどのくらいになるのか相談したい。

当社にて仲介販売

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:M・K様
■年代:40代
■ご職業:自営業
■お住まいの地域:虻田郡
■ご相談の地域:虻田郡
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】
数年前に知人から不動産を購入し、1階を店舗・2階をシェアハウスとして使用していました。店舗は副業として経営していましたが、本業が忙しくなり営業をやめたため、空き店舗になりました。そのまま寝かしておくのももったいないので、いっそのこと手放そうかと考えています。しかし、購入時にお金をかけてリフォームしているので、その分を回収できるのかどうかなど、資産の運用や流れの面からも査定額を知りたいと思い、問い合わせました。

【ご提案した解決策】
まずは物件を一度見せていただいたところ、かなり手を加えてリフォームされている印象を受けました。また通常の一軒家とは異なる構造になっているため、希少性もあるように感じられました。役場から近く周りに飲食店も少ない立地から店舗としての需要や、外国人技能実習生を積極的に受け入れている行政の方針もあり、シェアハウスのニーズもあるのではないかと考えました。それらの事情を勘案し、査定額に反映させていただきました。

ただし、近隣に類似の事例はないため売り出してみないとわからない部分もありました。そこで初期投資額と投資採算性も考慮し、まずは仲介で売り出すことで同意をいただき、広告をスタートしました。

【担当営業として大切にした要点】
地域の実情を聞き取りし、近隣の類似物件の有無などを確認して競合する物件がないかも調査しました。また売主様は地元の名士で顔も広いため、地元で購入を検討できるような方は自ら探せると思いましたので、不動産会社としてインターネット掲載を行い、幅広く集客できることをお伝えしました。

著者
数年前に購入した不動産、売るとしたらどのくらいになるのか相談したい。

小樽店 小林 康之不動産業に携わる者として公正で安全な取引を心がけ、お客様の立場に立って最善の方法をご提案いたします。 一緒に住まいの華を咲かせましょう。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親から相続して、放置している土地を売りたい。
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
電子ブックはこちら
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード
ご相談
お問合せ
無料査定