Vol.355小樽店

マンションを売却したいのですが、買取も行っていますか。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:H・Y 様
■年代:60代
■ご職業:パート・アルバイト

■お住まいの地域:小樽市東部
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:ご紹介

【ご相談内容】
自宅マンションの売却(出来れば買取)を考え管理人さんに相談、当社を紹介されました。階段での昇降になる部屋で、足が悪い入院中の奥様が一時帰宅される際は大変なようです。そのため申し込んでいた市営住宅にこの度当選、転居したいそうです。持ち家があると入居後3カ月以内に売却が必要ですが、仲介で売り出すと期間が心配なため、買取のご相談を頂きました。

【ご提案した解決策】
買取提案で解決しました。当初より買取をご希望されていたこともあり、当社の買取提案のメリット、デメリットをお伝えしました。
マンションの売却金額を今後の生活資金として考えていることも、査定の際にお伺いしておりましたので、ご協力したいという気持ちで、お話しさせて頂きました。
結果的に、金額についても満足された様子で、現在ご契約に向けて準備をしているところです。以前にも、市営住宅へのお住み替えのため所有不動産を売却してお引越ししなければならない、というお客様にお会いしたことがあります。そのため今回もご事情は察することができましたが、締め切りが決まっている不動産売買もあるのだと、改めて考えるきっかけとなりました。

【担当営業として大切にした要点】
今回のケースでは、売買について締め切りがあることが前提条件だったため、買取提案しかないと初査定時に感じました。また、ご自身もそのつもりでご相談を頂いておりました。あとは、今後の生活資金としての売却というお考えもあり、金額的な面を考慮してご提案しました。さらに、お住み替え先に持っていけないお荷物や、不要物の撤去なども当方で行うという内容で、なるべくご負担の少ないようにと考えました。結果として、金額にも条件にもご納得された様子でしたので、私としても安心しました。

著者
マンションを売却したいのですが、買取も行っていますか。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 子供の近くに引っ越すことになったので、自宅を売...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード