Vol.297札幌手稲店

施設に入所している父の不動産を売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:M・W 様
■年代:80代
■ご職業:無職

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:手稲区
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:飛び込み来店

【ご相談内容】

父が施設に入所し空き家になった戸建があります。誰も住む予定が無く売却したいのですが、父が中度の認知症のため心配です。父も売却の意思はありますが、認知症の症状により日によっては売らずに自宅へ戻りたいと言う事もあり、そういった状況からも時間をかけずに売却したいです。どう進めていけば良いのか教えてほしいとの事で所有者のお嬢様からご相談をいただきました。

【ご提案した解決策】

売却には所有者様の意思表示が前提となります。中度の認知症との事ですので、事前に司法書士が所有者様と面会しご本人確認と売却の意思確認が必要です。そこでお嬢様・司法書士と共に所有者様を訪ね、売却の意思確認が取れたため売却可能となりました。但し、認知症の症状により手続きの途中で意思が変わる事もありお嬢様もそれを心配されていましたので、訪問の際に売却必要書類一式も準備、所有権移転に必要な書類に記名・押印をいただき、問題なく売却を進められる状態となりました。時間をかけずにという希望もあったので弊社買取をご提案。物件を拝見し買取価格を提示、ご納得いただけたため無事に買取契約となりました。

【担当営業として大切にした要点】

お嬢様は所有者であるお父様の状況などから「売却は難しい。売却しても途中でトラブルになるのではないか」と心配しておりましたので、そういった心配事を一つ一つ解決できるよう心掛けてご提案ご対応させていただきました。

著者
施設に入所している父の不動産を売却したい。

札幌手稲店 星 尊之不動産という高額なお客様の財産を査定し、販売する醍醐味に惹かれ、この業界に携わらせていただいております。 お客様満足を第一に考え、笑顔で一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願い致します。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親の家を相続したのだが使う予定がないので売却し...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード