Vol.171札幌手稲店

相続で古家のついた不動産を取得したけど、現在持ち家に住んでるので売りたい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S・M様
■年代:70代
■ご職業:無職

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:札幌市手稲区
■売却理由:資産処分・相続
■お問合せ方法:インターネット

【ご相談内容】

現在マンションに住んでいるのですが、3年前に親が他界し、不動産を相続で取得しました。昭和52年の住宅なのですが、戸建として売ったら良いのか、土地として売ったら良いのか、そもそも売れるのかと不安に感じておられてました。購入は経験してますが、売却は初めてのことなので価格、売り方、売却にかかる費用など教えてほしいという相談内容でした。

【ご提案した解決策】

家の経過年数はそれなりに経っていましたので、まずは住宅を拝見させていただきました。新築時からほぼリフォームをしていない状態でしたので、2通りのご提案をしました。
1.売りやすいのは解体更地条件にして土地として売却。但し解体費用など経費が多くかかる。
2.戸建として売却。解体費用はかからないが、築年数と家の状態から長期化する可能性がある。
売主様はスムーズに売却したいとのご希望があったので、土地として売り出すことになりました。また、今回の相続した年や、解体して販売することなど様々な条件から本来かかる譲渡所得税も租税適用になる為、喜んでいただけました。

【担当営業として大切にした要点】

営業目線で考えれば土地として売却したほうが売りやすいですが、解体費用が150万円程かかる為、売主様の手取り額が戸建で売りよりも少ない可能性がありました。土地販売、戸建販売のそれぞれのメリットデメリットをしっかり説明して売主様目線で一緒に販売条件を決めることを心がけました。
著者
相続で古家のついた不動産を取得したけど、現在持ち家に住んでるので売りたい。

札幌手稲店 星 尊之不動産という高額なお客様の財産を査定し、販売する醍醐味に惹かれ、この業界に携わらせていただいております。 お客様満足を第一に考え、笑顔で一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願い致します。

この担当者がいる店舗のページ
  • 親が住んでいたマンションがあり、親が施設に入居...
不動産売却の⼿引き
PDFダウンロード
住まいの売却完全ガイド
PDFダウンロード