Vol.550札幌北店

親から相続した住宅を売却したいが、何から手を付けて良いのかわからない。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:J・N 様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:札幌市
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット
 
【ご相談内容】
親から相続した空き家の売却を検討していますが、何から手続きすれば良いのかわからず困っています。相続登記は行いましたが、その後はどう進めるべきでしょうか。
希望としては、冬が来る前に売却したい、物がたくさん残っているので処分したい、面倒な手続きは少ない方が良いです。よろしくお願いします。
 
【ご提案した解決策】
ご依頼人様は出張が多いお仕事で、売却活動や手続きにたくさんの時間をかけられない状況とお伺いしましたので、不動産会社による買取をご提案させていただきました。
もしお時間に余裕がある場合は、ご依頼者様が自ら売主となって売却活動を行う「仲介」での売買の方が、買取よりも一般的に高く売れ、手残りが多いのでおすすめです。ただ今回は先に述べましたように、お時間をあまり割けない状況でしたので、仲介よりも安価になってしまうデメリットを考慮しても、買取が良いとのことでお話がまとまりました。
この場合、冬場の空き家の管理等や物件に残った不用品の処分、その他手続き費用もすべて買主である不動産会社が請け負うため、時間や手間を最小限に、売却を終えることができました。
 
【担当営業として大切にした要点】
一般的には大きなデメリットとなる「安く売れる」「手残りが少ない」などの条件も、販売の手間や売却までにかかる時間等を考慮した場合、デメリットと感じない方もいらっしゃいます。そのため自分の主観だけで決めつけずに、色々な角度から売却方法を提案することを心がけています。
お客様のご希望やご要望に合った売却方法をご提案させていただきます。

著者
親から相続した住宅を売却したいが、何から手を付けて良いのかわからない。

札幌北店 蛸星 香奈実日々、お客様とのふれあいを通じて、新たな発見ができることを楽しみながら仕事をしています。 ご売却、ご購入に限らず、お住まいでお悩みのことがありましたら何でもご相談ください。 過去の経験や知識を活かし、お客様の希望をかなえられるよう、より良い提案をさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 母が住んでいた家があるが、処分したいと思い連絡...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード