Vol.551小樽店

母が住んでいた家があるが、処分したいと思い連絡しました。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:T・M様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:札幌市
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット

【ご相談内容】
母が亡くなり、住んでいた家が空き家になっています。このままだと建物も傷んでいくので、処分の方法を相談したいです。今は相続登記の手続き中で、荷物はそのままの状態です。買取もされていると聞きましたが、仲介・買取それぞれの場合の金額が知りたいです。よろしくお願い致します。

【ご提案した解決策】
売主様は住宅の処分にあたり、ある程度ご自身で調べて動かれていて、荷物の片付け業者さんや司法書士さんへの手続きの依頼はお済みのようでした。ただ売却のこととなると、相場も含め不動産屋の意見が聞きたいとのことでご連絡くださいました。
ご相談内容を受け、仲介での販売と当社買取の場合の、両面で提案させていただきました。また仲介・買取それぞれのメリット・デメリットをお伝えし、検討をお願いしました。私個人の見解では、仲介での販売の方がご希望に添えるのでは・・・と思いましたが、結果として買取でのお取引を選択されました。ご自身が小樽市内にいらっしゃらないことや、冬季間の管理などが大変という理由が大きかったのだと思います。
不動産の売却方法を決める要因として、価格だけでなく時間や手間といったコストを重視される方も多いことを改めて実感しました。

【担当営業として大切にした要点】
お客様のご要望に沿えるように意識しました。
査定の時点では、複数社の不動産会社さんにお問合せをしていたようで、色々な見解をお聞きになっている様子でした。他社様との競合もあり、当社の買取提案だとお手元に残る金額が少なかったため、仲介を選択されると思っておりました。結果としては買取を希望されましたが、私個人としても少し驚きました。お客様の考えや、不安に感じている事をもっと汲み取っていければと思いました。

著者
母が住んでいた家があるが、処分したいと思い連絡しました。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 六年ほど空き家にしている札幌の一軒家を相続する...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード