Vol.257小樽店

母が住んでいた家があるが、引っ越したため売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:S 様
■年代:60代
■ご職業:その他

■お住まいの地域:小樽市東部
■ご相談の地域:小樽市東部
■売却理由:お住み替え
■お問合せ方法:その他

【ご相談内容】

母が住んでいた家(母名義)があるが、道外に住む妹と同居し戻る予定もないので、売却希望。自分自身も札幌在住で、管理の為わざわざ小樽まで来るのも大変。空家だと朽ちていくだけだと思い、どうにか処分したい。結構急な斜面に面した家で駐車スペースがなく、母も独居で大変な立地だと話していた。不要な荷物も残っており整理中。また冬季間空家にしていたので、ボイラーが破損したようだ。こういう家は売れますか?出来れば買取が希望です。

 

【ご提案した解決策】

当社で買取ることでお悩みを解決させていただきました。
不動産としては、厳しい内容のご相談でしたが、お荷物をご自身で撤去していただければ、当社で買取可能という事でご提案しました。ただ売買価格もほとんどつかない形になってしまうので、仲介で販売活動してみても良いのでは、とご提案しましたが、荷物を片付けるので買い取ってほしいとお返事を頂きました。
立地や建物の築年数から、売却自体が困難だと思っていたそうで、管理の大変さと、所有者様が道外にいることから手続きの面でも不安があったようで、金額は気にしないと仰って頂きました。現在はお荷物の片付けも完了し、取引に向けて準備を進めております。

 

【担当営業として大切にした要点】

所有者様のご事情を考慮させていただきました。所有者様もご親族の方も、物件の近くにはいない事や、小樽市内の市況を考慮した結果、販売期間は長期化するかもしれないというところもあり、仲介で販売する場合のリスクもお話ししました。どうしても空家にしていると建物自体が朽ちていくこと、また建物がある以上、冬季間は近隣のお宅へのご配慮も必要になってくることが予想されます。所有者様側ではどのようにお考えなのかを汲み取りながら、なるべくご希望に沿えればと考えながらご対応させていただきました。

著者
母が住んでいた家があるが、引っ越したため売却したい。

小樽店 柴田 朋也健康には自信があります。平成24年より不動産業に従事しており、まだまだ勉強中の身ではありますが、持ち前の体力で日々向上心を持ちお客様と向き合い成長していきたいと思っております、お客様に満足していただけるサービス提供を心がけ仕事に打ち込みます。

この担当者がいる店舗のページ
  • 相続した両親の自宅について早期売却を考えている
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード