Vol.552札幌手稲店

六年ほど空き家にしている札幌の一軒家を相続するが、遠方のため売却したい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y・F 様
■年代:40代
■ご職業:会社員・公務員

■お住まいの地域:徳島県
■ご相談の地域:札幌市手稲区
■売却理由:相続
■お問合せ方法:ネット
 
【ご相談内容】
札幌に住んでいた親が六年前に私の住む徳島に越してきましたが、今年他界し、札幌の家を相続することになりました。しかし、私は札幌におらず取得しても使わないので売却したいです。今度その家の荷物整理で札幌に行くので、査定に来てもらえませんか。また売却に際し今後も度々行く必要があるのか、手続きや必要な書類も併せて知りたいです。
 
【ご提案した解決策】
売主様が札幌に来られた際に現地にてお会いし、査定をさせていただきました。建物は築40年以上経過、その間リフォームも入っておらず傾きもそれなりにあったため、土地としての販売をお勧めしました。解体費用はかかりますが、土地としての方が売り易い物件でした。戸建として販売しても長期化すると結局値下げをしなければならず、土地として売った場合と手取りが変わらない、または少なくなるリスクもあります。

売却手続きとしては、基本的に郵送での書類のやりとり・電話等による本人確認で一~十までできますので、手続き上、札幌にお越しいただく必要はございません。必要書類は住宅ローンの有無・住所変更の状況などにより変わってきますが、その場で確認しお知らせ致しました。相続登記がこれからということでしたので、売却開始は相続登記完了後となります。
 
【担当営業として大切にした要点】
何度も札幌に来られるわけでは無いので、査定時にお会いした際、売却に関する必要な手続きは全てメモなどを使い説明しました。一度の説明で全ての手順や必要書類を覚えていただくのは難しいと思いましたが、不安要素や不明点などはなるべくなくすよう心掛けました。

著者
六年ほど空き家にしている札幌の一軒家を相続するが、遠方のため売却したい。

札幌手稲店 星 尊之北章宅建株式会社札幌手稲店の星です。担当している手稲区は社会人1年目に担当させていただいたことがあり、第二のふるさとみたいなものです。2年目からは別の区で約10年仲介をさせていただきましたが、また戻ってこられて縁を感じています。人生で何度も経験することない不動産の売却、購入ですので、わかりやすく、楽しくお手伝いさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。また、店舗にもお気軽にお立ちより下さい。心よりお待ちしております。

この担当者がいる店舗のページ
  • 戸建を購入したので自宅マンションを売却したいが...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード