不動産売却のコツ2021.07.16

別荘やセカンドハウスの売却の進め方は?

最近は自宅とは別に別荘やセカンドハウスをお持ちの方も増えてきています。
自身で楽しむため、もしくは老後の資産としてそういった資産価値のあるものを持っておきたいという気持ちが働いているのでしょう。
しかし、それらの管理が大変になったり、手放したいとなった場合、売却を考えることもあるのではないでしょうか?
こちらでは別荘やセカンドハウスを売却するには、どういった手順を踏めば良いのかについて詳しくご紹介していきます。

別荘やセカンドハウスを売却に出す理由

別荘やセカンドハウスを保有しているとなると、周りから憧れのまなざしを向けられることも少なくないですよね。
あなた自身も「憧れの別荘ライフを送れる」ときっと、胸を高まらせて購入にいたったのではないでしょうか。
しかし、実際に保有してみると、様々な不具合が起こり、最終的に手放さなければならないといった事態に陥ることもよくある話です。
一般的にどういった理由で、別荘を売却するケースが多いのか見ていきましょう。

管理や維持費を支払い続けるのが大変

別荘やセカンドハウスも通常の住宅と同じように、固定資産税や都市計画税など、保有していることで一定の税金がかかります。
また、いつ来てもその場所を使えるようにしておくためには、常に水道光熱費を支払い続けなければなりません。
また、自然災害の多い地域であれば、大雨や台風などによってたびたび補修が必要なることも想定されます。
基本的に別荘等は自然が多く、環境の良いところを選んで建てることが多いので、補修の頻度や範囲は、通常の住宅よりも多くなるかもしれません。

立地が悪くなかなか足を運べない

自然が多いところに建てることが多いということは、裏を返せばなかなかアクセスしづらい土地ということになります。
空気が澄んでいる環境が良いのであれば山を選ぶでしょうし、景観が良いところを選んだ場合は、海が近いところに立地しているでしょう。
そういった自然に囲まれたところは、気軽に行ける場所ではない可能性が高く、足が遠のいてしまうケースがよく見られます。

子供が相続するのを嫌がった

不動産は資産価値のあるものと言われていますが、あなたにお子様がいた場合、相続の心配もしなくてはなりません。
喜んで別荘を相続してくれる子供ばかりではありませんし、むしろ税金を支払ったり、維持管理を嫌がるお子様の方が多く、その結果泣く泣く手放すという方も少なくありません。

滞在中も家事に追われてしまう

別荘やセカンドハウスの醍醐味は、何と言っても、都会の喧騒を離れて、自然の中でゆったりと過ごすことですよね。
もちろん日常暮らしている住宅よりは、だいぶ時間の流れがゆっくりとしていると感じられるかもしれませんが、問題となるのが何をするにも家事をしなければならないという点です。
本来の自宅のように、家具や家電が何もかも揃っているというケースは少なく、「たまにしか行かないのだから必要最低限で良いだろう」と考えている方も少なくありません。
その結果、ご飯一つ炊くにしても火を起こすところからスタートしたり、掃除機もないため、掃除をするのもホウキや雑巾を使ってアナログな方法で行う必要があるかもしれません。

別荘やセカンドハウスを上手に売却するには?

別荘やセカンドハウスは、持っているだけで優雅な気持ちになれたり、優越感に浸ることもできるかもしれません。
気持ち的には穏やかで満足感を感じることができますが、いざ維持管理をしていくとなると大変です。
「もういらない」となった時に売却するには、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか。

基本的な不動産売却と同じ

実は別荘やセカンドハウスであっても、基本的には通常の不動産を売却する時と同じような流れで進めることが大半です。
ただし、別荘の建っている立地などによって、売却方法が異なる可能性があるので、細かく見ていきましょう。

どの状態で売却するか考える

実は別荘をそのままの状態で売るという選択肢以外にも売却の仕方がいくつかあります。
もちろん、そのまま売却すれば、解体費用などは必要ありませんが、ハウスクリーニングなどの費用がかかります。
その点、更地にしてしまえば解体費用はかかるものの、全く別の使い道としてその物件を流用することができるのです。
リゾート地や今後発展していくと予想される地域に関しては、1住宅として売るよりも、店舗などにしてしまった方が良い場合もあります。

立地や条件が悪い場合は不動産買取を

別荘が建っている立地が悪かったり、築年数、広さ、間取りなどの条件があまり良くない場合、一般の不動産売却と同じように、仲介を選んで買い手を募集するというのは難しいことがあります。
募集をかけても集まりそうにない場合は、不動産会社に直接物件を買い取ってもらった方が、短期間で現金化でき、仲介手数料もかかりません。依頼する際には、信頼できる不動産会社を慎重に選びましょう。

別荘やセカンドハウスの売り方は様々

別荘やセカンドハウスを売却するとなると、「大変そう」と思われがちですが、現状維持、更地、リフォーム、不動産買取といった四種類の方法があります。
あなたが何を重視してどのような結果を出したいのかによって、適切な方法を選んでみるといいでしょう。

家を売るなら不動産売却相談 家を売るなら不動産売却相談
著者
別荘やセカンドハウスの売却の進め方は?

札幌手稲店 野口 祥子

この担当者がいる店舗のページ
  • セカンドハウスを売却する場合にかかる税金が知り...
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード