Vol.512美唄店

数年前に知人から譲り受けた家の処分をしたい。

【お客様の背景】
■売買の別:売却
■氏名:Y・K 様
■年代:70代
■ご職業:年金受給者

■お住まいの地域:美唄市
■ご相談の地域:美唄市
■売却理由:資産処分
■お問合せ方法:飛び込み来店

【ご相談内容】
数年前に知人から平屋住宅を譲り受け、所有しています。自分がいずれ住もうと考えていましたが、親の面倒を見なくてはならなくなり、そのためには手狭で使用する予定が無くなりました。そこで今は処分したいと考えています。雪の管理はしたくないので、降雪前に何とか売れないでしょうか。

【ご提案した解決策】
お客様が一番に気にされていたのが、とにかく早く処分したいということでした。そこで、まずは一度現地を確認させていただく訪問査定をご提案いたしました。
実際に拝見したところ、室内には荷物が残っていて、建物には損傷が見られました。そのため現状のまま販売するのは難しいように感じ、修繕(リフォーム)すれば売却可能だと判断いたしました。
お客様にはそのように率直に伝えましたが、ご意向としてはお金を掛けず且つスピーディーに売却したいとのことでしたので、弊社グループ会社で買取させていただく方法をご提案しました。買取ですとスピードだけでなく、残された荷物もそのままで構わない上、物件お引き渡し後の保証も一切不要です。価格や条件をお伝えしたところご納得いただき、お取引が成立しました。

【担当営業として大切にした要点】
お客様が望まれるように、手間を掛けず、スピーディーな対応を心がけました。また修繕(リフォーム)しなければ市場で販売するのは難しいなど、伝えるべき点は率直にお伝えし、現状をご理解いただけるよう留意しました。

著者
数年前に知人から譲り受けた家の処分をしたい。

美唄店 小河 利也特に担当している岩見沢東部、三笠市、美唄市、奈井江町は地元という事もあり、細かな対応に自信があります。 不動産売買仲介のみならず、買取、賃貸仲介、管理等不動産に関する事はどのような事でもご相談ください。どうぞ宜しくお願いします。

この担当者がいる店舗のページ
  • 花川の住宅を相続しましたが、利用頻度が少ないの...
不動産売却物語 不動産売却のヒント 不動産売却のご相談
不動産売却の手引き
PDFダウンロード
空き家対策ガイドブック
PDFダウンロード